« 弱酸性化粧水がお肌に優しい? 乾燥性敏感肌に低刺激? スキンケアの常識?① | トップページ | 年齢肌対策 帯状毛穴対策にも! タラソパック マスクダルモール »

2011年8月 3日 (水)

化粧品の防腐剤 フェノキシエタノールよりパラベンのほうが危険? 安全?

A_masqued

海藻パック マスクダルモールのご紹介ページへ

 

化粧品に配合される防腐剤として、「フェノキシエタノール」と「パラベン」がよく比較されます。フェノキシエタノールよりパラベンが危険だとする意見の根拠は、パラベンが指定成分であったという理由が大半です。

指定成分とは、かつて定められていた制度によるもので、その成分を含んだ化粧品はそれなりの毒性があるので、消費者は認識して使いなさいという、国からの注意喚起がなされていた成分です。長期間使用してもある程度の安全性が保たれるように、配合量も厳しく制限されていています。

指定成分の表示が義務付けられていた時期は、化粧品の成分は全て表示する義務はありませんでした。現在では法律がかわり、「全成分表示」が義務付けられています。そのためその時期の指定成分は、現在では「旧指定成分」と便宜上使用されています。

その頃は化粧水等コスメに、防腐剤としてフェノキシエタノールは使用されていませんでした。もしその時期に防腐剤として使用されていたなら、指定成分となっていた可能性は高いでしょう。

以上のことから、パラベンが旧指定成分が故に、フェノキシエタノールより毒性が高いなどと、言えるはずがありません。

その他にフェノキシエタノールを安全だとする理由として、玉露から得られる天然由来成分だからとする主張もあるようです。それであれば、シイタケが作り出すホルマリンは安全といえることになります。

シイタケは通常、加熱処理して食します。そうすればホルマリンも、飛んでしまうわけです。玉露も同じです。生の玉露の茶葉を食するなどと、聞いたことがありません。

以上のように、「パラベン=危険,フェノキシエタノール=安全」だと主張する意見には、論理的な破綻があるわけです。

弊社の経験では、パラベン配合化粧品のほうが、安全性が高いようです。弊社は手作り化粧水の材料や容器を販売している関係上、低刺激性のコスメをお求めのお客様やお肌が弱い敏感肌のお客様より、さまざまな情報を頂戴します。そういったお客様で、下記のような体験をされた方は、とても多いのです。

パラベン配合化粧品で問題がなかったが、フェノキシエタノール配合商材に切り替えたら肌荒れが生じた!

決してパラベンを擁護するつもりはありませんが、パラベンには一定の安全性が確保されていることは、まず間違いのないことでしょう。食品添加物としても、パラベンには長い歴史があります。いっぽうフェノキシエタノールは経口摂取すると猛毒のため、食品への添加は一切禁止されています。

そしてもうひとつ、フェノキシエタノールは揮発成分であるという、大きなデメリットがあります。フェノキシエタノール配合コスメをお子さんや赤ちゃんの近くで使うと、とても危険です。とくに喘息等の気管支の疾病がある場合には!

その他、フェノキシエタノール配合コスメで電車や社内でのメイクは、周囲に迷惑をばらまきます。とくに気管支が丈夫でない方や化学物質過敏症の方々にとってては、とんでもない苦痛となり得るでしょう。

なお、フェノキシエタノールはエタノール(アルコール)とは、まったく別の物質となります。エタノールはお肌に刺激を与えたり乾燥肌に導く程度です。しかしフェノキシエタノールには胎児への危険性や環境ホルモンの疑いも、出てきているようです。

弊社からのご提案は、せめて妊娠中や授乳期の間だけでも、手作り化粧水に切り替えることです。その際にはぜひ弊社の、アクア・ダルモール77をご検討頂ければ幸甚です。

 

公式サイト内のオリジナル記事

アメブロ記事

はてな記事

Blogger記事

 

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセット ご紹介ページへ

 

Adeffects01

 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

アルガアイ流 毛穴ケアのご紹介絵図

アクアダルモール77 ご紹介ページ

マスクダルモール ご紹介ページ

 

公式サイト内の化粧品関連人気・新着記事集》

ピールオフパックとピーリングパックの違い

アルゲパックとは? アルゲマスクとは?

アルゴトリートメントとは?

フランス・ブルターニュ産の海藻情報

化粧水は弱酸性が優しい?

融雪剤と同質の超安価なニガリ入浴剤

グリセリンとは? 濃グリセリンとは?

純度99%グリセリン配合は高保湿?

USDAオーガニックコスメの実態

純石鹸のメリットと選び方

オーガニックコットンパフで美肌効果?

 

Algai2013tm

《他の関連サイト等》

サブ公式サイト

美容ブログ アメーバーブログ

手作り化粧水専用ライブドアブログ

FACEBOOK

TWITTER

 

|

« 弱酸性化粧水がお肌に優しい? 乾燥性敏感肌に低刺激? スキンケアの常識?① | トップページ | 年齢肌対策 帯状毛穴対策にも! タラソパック マスクダルモール »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 化粧品の防腐剤 フェノキシエタノールよりパラベンのほうが危険? 安全?:

« 弱酸性化粧水がお肌に優しい? 乾燥性敏感肌に低刺激? スキンケアの常識?① | トップページ | 年齢肌対策 帯状毛穴対策にも! タラソパック マスクダルモール »