« ヒジキ豆 単に低カロリーだけでなくダイエット効果絶大? | トップページ | 安全性の高いヒジキのメリット カルシウムや鉄分だけ? »

2012年4月28日 (土)

「海藻毎日食べて発がん」の研究はやはり無理があった!

 

A_masqued

マスク・ダルモールのご紹介ページへ [携帯/スマホ・パソコン

 

「毎日海藻を食すると発ガン」に関するまとめの記事はコチラです → 総括記事 

また「海藻摂取不足と流産/死産や風疹大流行との因果関係」に関する記事も、アップいたしました。

1.海藻摂取/ヨード不足で流産/死産のリスク大!

2.結納品の「昆布=子生婦」には根拠あり!

3.海藻摂取不足が風疹大流行に直結している可能性!

(以下本文)

 

2012年4月11日に報道された、「ワカメやコンブなどの海藻をほぼ毎日食べる40代以上の女性は、あまり食べない女性に比べて、甲状腺がんの一種になるリスクが高まるとする研究結果がまとまりました。」の件に関し、過去の記事で失礼ながら「訂正されるべき研究発表」だと書きました。やはりそのようであったようです。

4/11には国立がん研究センターさんや国立環境研究所さんのホームページを調べても、その研究内容が見つけることができませんでした。しかし最近になってその研究内容を癌研究センターさんのホームページで、やっと見つけました。その「まとめ」に書かれていた文言です。

「この研究で使用した食事に関する質問票調査では、ヨウ素摂取量を推定することが難しく、直接ヨウ素摂取と甲状腺がん発生との関連を検討できなかったところがこの研究の限界です。」

今回の研究発表は、ヨード(ヨウ素)が閉経後の女性に与える悪影響に関するものであったはずです。しかしヨウ素摂取量は把握できていなかったということが、曝露されています。すなわち不確かな前提条件(ヨード摂取量)の上になされた研究、ひとことでいえば「ナンセンス」です。「・・・研究結果がまとまりました。」と報道されましたが、これは誤報もしくは間違ったプレスリリースであって、到底まとまりのある結論とはいえないでしょう。

私が4/11の記事で「異議あり」と書いた理由は、①ヨード(ヨウ素)含有量が10倍も違うコンブとワカメを同列に扱ってしまっていることと、②国立環境研究所のデータ収拾方法が不適切である可能性が大きいと感じたからです。

①については他の記事でも書きましたので、割愛します。②については不確かなために「私ならこう調査する」とだけにとどめて論じませんでしたが、やはりデータ収集方法に問題があったようです。今回の研究に使用されたと思しきアンケート内容は、国立環境研究所さんのホームページに掲載されています。

http://www.fsc.go.jp/fsciis/attachedFile/download?retrievalId=cho99920080602&fileId=002

過去の記事でも書きましたが、ヨードの過剰摂取で甲状腺の疾病が発現した事例は、コンブのみです。それも現在では、コンブをダシとして使用した場合に限られます。栄研(日本健康・栄養研究所)さんが中心となって設定する栄養摂取基準のヨードの上限摂取量(2.2mg/日)は、この事例も加味されたものです。

このアンケートは、重金属全般の摂取についての調査を行ったもののようです。6ページ目の内容を見てすぐにお気づきだと思いますが、「煮干し・いりこダシを使用した味噌汁」の摂取頻度は調査されていますが、「昆布ダシを使用した味噌汁」については、一切調査されていません。今回の研究に欠かせない、イチバン重要な調査が欠落しているのです。

まとめでは「この研究の限界」と、簡単に結論づけられてしまっています。しかし「昆布ダシの摂取頻度」が調査されていたなら、限界でなかったはずです。要は準備不足または認識不足による、研究であったわけです。もし縦割りの研究ではなく、本来の情報発信機関である栄研さん主体となって研究がなされていたのなら、まず間違いなく昆布ダシの追跡調査はなされていたでしょう。

日本の長い歴史において、確固たる根拠もなしに国家機関が自国の文化を否定したことなど、なかったのではと思います。ましては海藻をふんだんに使用した和食は、日本の長寿を支えてきたことには、疑いがないはずです。大震災等で祖国の傷もまだ癒えていない今だからこそ、もっと慎重になされるべき研究発表ではなかったのではと思います。

ただ1点のみ、今回の追跡調査は、貴重なことを示唆していると思います。これまでは昆布の多量摂取による疾病発生事例は、あまり報告されていませんでした。しかし今回の調査により、昆布の過剰摂取が甲状腺ガンの発症率を高める可能性が、高いと考えるべきでしょう。イチバン危険度が高いのは、ヨードをほとんど摂取してしまう昆布ダシです。

別の記事に書きましたが、昆布のヨード含有量は5mg/gです。国の摂取基準に照らし合わせて杓子定規に考えれば、昆布は0.5g/日が限界です。伝統的な昆布ダシの場合は4gの使用で、伝統を重視する場合でも、昆布ダシの味噌汁は1食にとどめるべきでしょう。昆布ダシが好きの方は、昆布を30分浸してヨード抜きを行うか、合わせダシにして昆布の使用量を減らすなどの、工夫が必要かもしれません。

また、昆布ダシを多用する地域は、たいして長寿ではありません。昆布をまるごと食する地域が、長寿を誇ります。やはり昆布に関しても、「一物全体」が大事といえましょう。一物全体の料理にすれば、ヨード含有量を大幅に下げることも可能です。今回の研究結果はこの意味では、一物全体の啓蒙に役立つかもしれないと思います。

  

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

公式サイト内の拡大図

■アクア・ダルモール77製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

■マスク・ダルモール 製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

《公式サイト内の人気記事》

●粉吹き肌にクリームは有効? [携帯/スマホ・パソコン

●グリセリンとは? 濃グリセリンとは? [携帯/スマホ・パソコン

●グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ [携帯 /スマホ・パソコン]

●エチルヘキサン酸セチルでおでこブヨブヨ [携帯/スマホ・パソコン

●化粧品の防腐剤 パラベン vs フェノキシエタノール [携帯/スマホ・パソコン

●無添加化粧品の甘いワナ [携帯 /スマホ・パソコン]

●ローズマリーエキスによるアレルギーの危険性 [携帯 /スマホ・パソコン

●アレルギーテストとは?  [携帯 /スマホ・パソコン ]

●低分子ヒアルロン酸塗り過ぎで顔が水虫に [携帯 /スマホ・パソコン]

●化粧水は弱酸性がお肌に優しい? [携帯 /スマホ・パソコン]

●それはホントに天然界面活性剤? [携帯/スマホ・パソコン

●BG - ブチレングリコールとは?[携帯/スマホ・パソコン

 

Algai2013tm

タラソテラピーのアルガ・アイ 公式ホームページ [携帯/パソコン

|

« ヒジキ豆 単に低カロリーだけでなくダイエット効果絶大? | トップページ | 安全性の高いヒジキのメリット カルシウムや鉄分だけ? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「海藻毎日食べて発がん」の研究はやはり無理があった!:

« ヒジキ豆 単に低カロリーだけでなくダイエット効果絶大? | トップページ | 安全性の高いヒジキのメリット カルシウムや鉄分だけ? »