« 日本手ぬぐい+純石鹸でのメイク落としの危険性 敏感肌のためのW洗顔シリーズ⑧ | トップページ | セブン銀行(account@sevenbank.co.jp)を名乗るフィッシング詐欺にご注意! »

2015年4月29日 (水)

オイルクレンジング+純石鹸洗顔の危険性 敏感肌のためのW洗顔シリーズ⑨

A_masqued

海藻パック マスクダルモールのご紹介ページへ

 

(シリーズ最初の記事はコチラです)

前回の記事では、純石鹸を日本手ぬぐいで泡立てて、こすってメイクを落とす危険性について書きました。今回もやはり、間違った純石鹸の使用の事例について、書きたいと思います。

純石鹸に比べれば、洗顔フォーム等の合成界面活性剤は、お肌に負担を強います。人によっては、肌ダメージのきっかけにもなります。そのためにW洗顔が必要なメイク/化粧下地を落とすオイルクレンジングの後に、純石鹸を洗顔料を使用とする方が少なくありません。

しかしシリコンオイルをはじめとするシリコン系合成ポリマーを成分とする化粧下地クリームやポイントメイク、石油由来のミネラルオイルやエチルヘキサン酸セチル等の合成油脂などの溶剤でしか、おとすことはできません。そしてこれらの油脂は、純石鹸では分解できません。

たとえば自転車のチェーンの機械油や灯油で手を汚した場合は、純石鹸で洗っても落ちません。合成界面活性剤入りの複合石鹸、もしくは合成洗剤が必要です。

分解されないままさまざまな化学物質や着色料などのメイクの残骸を含んだミネラルオイルや合成油脂がお肌に残ったままにすれば、当然ながらお肌に負担がかかり、肌トラブルの危険性が増大するでしょう。その危険性があるから、洗顔フォームで落とすわけですから!

次回の「W洗顔シリーズ」の記事では、このあたりをもう少し掘り下げたいと思います。

 

公式サイト内の原文

ココログの類似記事

はてなブログシンプル版記事

 

(以下弊社製品PR)

化粧下地を塗らなくてもファンデーションがお肌にキレイにのるファンデーションがあれば・・・。

そのようにお望みの場合はぜひ、アルガ・アイの手作り化粧水用材料「アクア・ダルモール77ミネラル」をご検討下さい。アクア・ダルモール77のお奨めレシピで出来上がった化粧水は、化粧下地クリーム不使用でもファンデーションがよれずにキレイにお肌になじむと好評です。

化粧下地クリーム不使用であればダブル洗顔が不要となり、本来のお肌の潤いを取り戻すことが充分可能です。もしご満足頂けない場合を考え、返金保証を実施中です。詳しくは弊社公式サイトの、関連ページにてご確認下さいませ。

 

Admineral01

 

もしご満足頂けない場合を考え、返金保証を実施中です。詳しくは弊社公式サイトの、関連ページにてご確認下さいませ。

アクアダルモール77のページ

 

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセット ご紹介ページへ

 

Adeffects01

 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

アルガアイ流 毛穴ケアのご紹介絵図

アクアダルモール77 ご紹介ページ

マスクダルモール ご紹介ページ

 

公式サイト内の化粧品関連人気・新着記事集》

ピールオフパックとピーリングパックの違い

アルゲパックとは? アルゲマスクとは?

アルゴトリートメントとは?

フランス・ブルターニュ産の海藻情報

化粧水は弱酸性が優しい?

融雪剤と同質の超安価なニガリ入浴剤

グリセリンとは? 濃グリセリンとは?

純度99%グリセリン配合は高保湿?

USDAオーガニックコスメの実態

純石鹸のメリットと選び方

オーガニックコットンパフで美肌効果?

 

Algai2013tm

《他の関連サイト等》

サブ公式サイト

美容ブログ アメーバーブログ

手作り化粧水専用ライブドアブログ

はてなブログ

FACEBOOK

TWITTER

GOOGLE

 

 

 

|

« 日本手ぬぐい+純石鹸でのメイク落としの危険性 敏感肌のためのW洗顔シリーズ⑧ | トップページ | セブン銀行(account@sevenbank.co.jp)を名乗るフィッシング詐欺にご注意! »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オイルクレンジング+純石鹸洗顔の危険性 敏感肌のためのW洗顔シリーズ⑨:

« 日本手ぬぐい+純石鹸でのメイク落としの危険性 敏感肌のためのW洗顔シリーズ⑧ | トップページ | セブン銀行(account@sevenbank.co.jp)を名乗るフィッシング詐欺にご注意! »