« ひょうごローズクラブ チェロ山内瑶子さん x ヴィオラ河原結花さん | トップページ | アロマテラピーセミナー@ひょうごローズクラブ総会2015年 »

2015年5月25日 (月)

大野耕生先生@ひょうごローズクラブ総会セミナー①

 

A_masqued

マスク・ダルモールのご紹介ページへ [携帯/スマホ・パソコン

 

前回の記事では、ひょごローズクラブ総会のオープニングで行われた、素敵なミニコンサートについて書きました。今回は総会で行われた、前半のセミナーに関して書きたいと思います。

セミナー①では、大野耕生先生による「今どきのトレンドと開花後の手入れ方法」と題された、バラ栽培の愛好家にとってはとても魅力的な内容のお話でした。先生はバラ農家に生まれ育たれ、現在はローズスタイリストとしてもご活躍の、気鋭のバラ栽培者です。

まず驚いたのは、年に5回も開花するバラもあるそうで、バラは初夏と秋にしか開花しないと思っていた私には、とても勉強になりました。

そして「目から鱗」だったのは、過度にバラにつく害虫や病気を気にすべきではないという点です。もっとも致命的なまでに害されているのであれば、薬剤の散布が必要でしょうが・・・。葉っぱばかりを気にする余りに、花を愛でることを忘れてしまったバラファンが以外と多いそうです。そうなってしまっては、本末転倒です。

あなたがバラを好きなのと同じように、害虫も病気もバラが好き!

考えをそう転換することにより、バラを愛でる気持ちを取り戻そうとのご提案でした。

3年前のセミナーで、やはり同様のことを仰せの先生がおられたことを思い出します。それは「バラゾウムシ」という害虫が益虫に変身することでした。このバラゾウムシがうまく作用すれば、人はバラの花を長く楽しむことができます。自然の一部としてのバラを愛でることが、もっとも楽しいということになりましょうか・・・。

セミナー②については、後日の記事で書きたいと思います

 

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 

Adeffects01

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

公式サイト内の拡大図

■アクア・ダルモール77製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

■マスク・ダルモール 製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 

《公式サイト内の人気記事》

●粉吹き肌にクリームは有効? [携帯/スマホ・パソコン

●グリセリンとは? 濃グリセリンとは? [携帯/スマホ・パソコン

●グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ [携帯 /スマホ・パソコン]

●エチルヘキサン酸セチルでおでこブヨブヨ [携帯/スマホ・パソコン

●化粧品の防腐剤 パラベン vs フェノキシエタノール [携帯/スマホ・パソコン

●無添加化粧品の甘いワナ [携帯 /スマホ・パソコン]

●ローズマリーエキスによるアレルギーの危険性 [携帯 /スマホ・パソコン

●アレルギーテストとは?  [携帯 /スマホ・パソコン ]

●低分子ヒアルロン酸塗り過ぎで顔が水虫に [携帯 /スマホ・パソコン]

●化粧水は弱酸性がお肌に優しい? [携帯 /スマホ・パソコン]

●それはホントに天然界面活性剤? [携帯/スマホ・パソコン

●BG - ブチレングリコールとは?[携帯/スマホ・パソコン

 

Algai2013tm

タラソテラピーのアルガ・アイ 公式ホームページ [携帯/パソコン

|

« ひょうごローズクラブ チェロ山内瑶子さん x ヴィオラ河原結花さん | トップページ | アロマテラピーセミナー@ひょうごローズクラブ総会2015年 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大野耕生先生@ひょうごローズクラブ総会セミナー①:

« ひょうごローズクラブ チェロ山内瑶子さん x ヴィオラ河原結花さん | トップページ | アロマテラピーセミナー@ひょうごローズクラブ総会2015年 »