« 甘草エキスの危険性 手作り化粧水に配合してお肌が老化? | トップページ | 手作り化粧水 ローズマリー葉エキス(ROE)配合の危険性 »

2016年6月 4日 (土)

手作り化粧水 ラミナリアディジタータ等海藻エキスは危険?

A_masqued

マスク・ダルモールのご紹介ページへ [携帯/スマホ・パソコン

  

前回の記事では、手作り化粧水に甘草エキスを加える危険性について書きました。今回は海藻エキスを加える危険性について、書きたいと思います。

海藻等海洋植物は、選択を誤らなければ、たいへん優れた美肌効果があります。弊社のタラソテラピー海藻パックに使用する海藻の場合は、フランス・ブルターニュのCEVA(海藻工業研究所からに学術協力を得ながら選択し、理論的にも安全性を高めて設計されたものです。逆からいえば、それだけ慎重にならなければ、安全性の高いパックは製造できないでしょう。

さて、安全性が高い海洋植物を選択したとしても、加工工程で危険性が高まるものがあります。その代表的な化粧品成分がじつは、海藻エキスなのです。

海藻からエキスを抽出するためには、いろいろな媒体が使用されます。比較的よく使用されるのが、BG(ブチレングリコール)です。過去の記事にも書きましたが、BGは接触性皮膚炎のリスクがあります。BGが苦手な方がせっかく手作り化粧水をつくっても、このような海藻エキスを使用してしまえば、まったくの無意味となるわけです。

次に、海藻エキスはたいへん腐敗しやすいため、パラベンが海藻エキスにしっかりと配合されるのが通例です。たとえば日本の化粧品によく使用されるフランス産の、緑藻エキス・紅藻エキス・褐藻エキスの3種類の海藻エキスがブレンドされた原料の場合は、日本に到着する前に赤道を通過します。防腐剤無添加であれば、腐ってしまうのです。

ラミナリアディジタータ(ラミナリアディギタータ)とは昆布でであり、日本の真昆布の近似種に相当します。昆布等の褐藻類には、お肌を引き締めるフロロタンニンや、良質なビタミンCをが豊富に含まれ、それなりの美肌効果が期待できます。(ただし潤い効果はほとんどなし。) しかし加工工程で何が加えられたかをしっかりと、確かめておく必要があるでしょう。

というのも、海藻エキス配合の化粧品を使用した場合の、肌トラブルが少なくないのです。弊社はしばしば百貨店さん等で店頭販売をあせて頂きますが、海藻エキス配合の化粧水等でかぶれた方が、意外なほどいらっしゃるのです。ですからこれから化粧水を手作りされる方は、海藻エキスをブレンドすることには、慎重になられたほうがよろしいではと思われます。化粧水を手作りされる多くの方は、敏感肌だからです。、

美肌効果を高めるために配合した美肌成分が肌トラブルになってしまっては、本末転倒でしょう。そういうわけで弊社のタラソテラピーパックの場合の場合は、海藻エキスではなく海藻粉末そのものを使用しています。ご参考まで。

次回の記事では、手作り化粧水に防腐効果を持たせる危険性について、書いてまいりたいと思います。

  

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

Oku_bunchu01

1.3億人総タラソのご紹介ページ [携帯・スマホ・パソコン

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

公式サイト内の拡大図

■アクア・ダルモール77製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

■マスク・ダルモール 製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

Algai2013tm

 携帯/パソコン

|

« 甘草エキスの危険性 手作り化粧水に配合してお肌が老化? | トップページ | 手作り化粧水 ローズマリー葉エキス(ROE)配合の危険性 »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手作り化粧水 ラミナリアディジタータ等海藻エキスは危険?:

« 甘草エキスの危険性 手作り化粧水に配合してお肌が老化? | トップページ | 手作り化粧水 ローズマリー葉エキス(ROE)配合の危険性 »