« 化粧品成分 1,2-ヘキサンジオールの催奇性と発がん性は? | トップページ | 安全なパラベンフリー化粧品? フェノキシエタノールの危険性 »

2017年1月30日 (月)

パラベンフリーとは? 化粧水やクリーム等化粧品の安全性

A_masqued

マスク・ダルモールのご紹介ページへ [携帯/スマホ・パソコン

 

パラベンとは化粧品や食品、そして医薬品等にも広く使用される、化学合成防腐剤です。パラベンにはいくつか種類があり、それぞれの製品の性質に即して配合されます。メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、イソプロピルパラベン、ブチルパラベン、イソブチルパラベン、ベンジルパラベン等です。これらは総称して「パラオキシ安息香酸エステル類」、そして略称が「パラベン」ということになります。

化粧品/コスメにパラベンが使用された場合、皮膚に対しては比較的対し激であるとされています。しかしパラベンにはエストロゲン作用があるため、環境ホルモン(内分泌撹乱化学物質)としての疑いがあります。そのために他の防腐剤を使用すれば安全であるとの考えから、「パラベンフリー」や「ノンパラベン」といった概念が生まれました。

パラベンフリー化粧品とは(paraben-free)とは、パラベンが配合されていないコスメ/化粧品という意味です。ノンパラベン化粧品という言葉は世界的にみて一般的ではありませんが、日本ではときどき使用されているようです。添加している防腐剤がパラベンではないコスメ/化粧品というということで、パラベンフリーとほぼ同義語と扱って差し支えないでしょう。いずれもことばも、パラベンの危険性や毒性を危惧し、パラベンを配合したコスメ/化粧品を否定する意図からつくられた言葉です。

さて、そろそろ本題にはいっていきますが…。インターネットや実店舗で販売されているパラベンフリーの化粧水は、パラベン配合化粧品/コスメより安全なのでしょうか?

アルガ・アイ的には、まったく「ノー」です。

むしろ「パラベンフリー」と宣伝されている出来合いの化粧水のほうが危険性が大きいと、ほぼ断言できます!

出来合いの化粧品/コスメでパラベンフリーと称するのであれば、かわりに何らかの防腐剤を配合することとなります。これからの記事より代表的な代替防腐剤をとりあげ、その危険性について書きたいと思います。まず次回の記事は、「フェノキシエタノール」配合の、パラベンフリー化粧品です。

なお弊社はこの記事で、化学合成防腐剤であるパラベン自体を、積極的に肯定しているわけではありません。念のためにお断りをさせて頂きます。

公式サイト内の同内容の記事

アメブロの同内容の記事

 

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

  

Adeffects01 

 

Adosusume1e_3 
Adosusume2_3 
Adosusume3_3 
Adosusume4_4 
Adosusume5b 

 

公式サイト内の拡大図

■アクア・ダルモール77製品ページ[携帯/スマホ・パソコン 

■マスク・ダルモール 製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 

公式サイト内の人気記事集(best)》

グリチルリチン酸ジカリウムで肌がくすむ! 

グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ

エチルヘキサン酸セチルで額がブヨブヨ

1,2-ヘキサンジオールの危険性

パラベンより安全なフェノキシエタノール?

ローズマリーエキスによる時間差肌トラブル

安全性が高いパラベンフリー化粧品?

ピールオフパックとピーリングパックの違い

低分子ヒアルロン酸を塗り過ぎて顔カビに!

1,3-ブチレングリコールとは?

BGを手作り化粧水に配合する危険性

ナノヒアルロン酸を手作り化粧水に配合する危険性 

USDA認定オーガニックとは? その実態は?

 

Algai2013tm 

 

《他の関連サイト等》

サブ公式サイト

美容ブログ アメーバーブログ

手作り化粧水専用ライブドアブログ

FACEBOOK

TWITTER 

 GOOGLE 

 

|

« 化粧品成分 1,2-ヘキサンジオールの催奇性と発がん性は? | トップページ | 安全なパラベンフリー化粧品? フェノキシエタノールの危険性 »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パラベンフリーとは? 化粧水やクリーム等化粧品の安全性:

« 化粧品成分 1,2-ヘキサンジオールの催奇性と発がん性は? | トップページ | 安全なパラベンフリー化粧品? フェノキシエタノールの危険性 »