« ナノ化/低分子ヒアルロン酸がいちご鼻や開いた毛穴を改善? | トップページ | 開いた毛穴の黒ずみやテカリ・いちご鼻対策のまとめ »

2017年7月27日 (木)

いちご鼻や開いた毛穴の黒ずみ 軟膏パックで治す危険性

 

A_masqued

マスク・ダルモールのご紹介ページへ [携帯/スマホ・パソコン

 

苺鼻の改善方法に関する前回の記事では、ナノ化ヒアルロン酸(低分子ヒアルロン酸)による改善効果や危険性について書きました。この美容成分は潤い効果に優れているものの、潤い過ぎるととんでもない肌トラブルを起こしてしまいます。そのあたりだけは、気をつけましょう。今回は軟膏を使用した、いちご鼻や開いた毛穴の改善効果について、書きたいと思います。

軟膏とは、ワセリンやミツロウなどの様々な基剤をベースとした、塗り薬を指します。水を含まないため硬くて使いにくのが特徴です。合成界面活性剤等を用いて水を加えて使いやすくしたものが、クリームとなります。軟膏と称されていても、成分や原材料に「水」または「精製水」が記載されている場合は、それはクリーム状の薬剤となります。

水を含まない軟膏に比べればクリーム状の薬剤のほうが、一般的には即効性があります。ワセリン等の軟膏に比べれば、毛穴の黒ずみは、掃除しやすかもしれません。そのため、軟膏と称されるクリーム状の薬剤を使用したパックが、ちまたでは流行っているようです。

もちろん、医薬品の目的外の使用であるため、決してお薦めはできませんが、汚れ落としが目的であればそれはそれで効果的といえるかもしれません。しかし、おそらくは、毛穴はもっともっと開き、テカリもどんどん悪化すると思われます。

なぜなら、いちご鼻に陥っている方は、クレンジングオイルや洗顔フォームなどの合成洗剤で、お肌を傷めている可能性が高いからです。合成洗剤に弱い方が、合成界面活性剤をたっぷり含んでいるクリームの薬剤を使用すると、お肌はもっとダメージを受けるでしょう。ダメージを受けた後に保湿を頑張ったとしても、もはや焼け石に水でしょう。

いちご鼻の改善に大切なことは、まずはお肌から潤いを奪わないことです。たとえばW洗顔をやめて、純石鹸洗顔に切り替えることです。これだけでも十分効果があるでしょう。そして必要に応じて、角質層内を潤す保湿剤やコスメを使用すべきでしょう。

次回の記事はいよいよ、苺鼻対策についての最終章です。

 

 Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 

Adeffects01

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

公式サイト内の拡大図

■アクア・ダルモール77製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

■マスク・ダルモール 製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 

公式サイト内の人気記事集(best)》

●グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ [携帯 /スマホ・パソコン]

●エチルヘキサン酸セチルでおでこブヨブヨ [携帯/スマホ・パソコン

●1,2-ヘキサンジオールの危険性 [携帯/スマホ・パソコン

●フェノキシエタノールはパラベンより安全? [携帯/スマホ・パソコン

●ローズマリー葉エキスで重篤な副作用 [携帯 /スマホ・パソコン

●危険なパラベンフリー化粧品/化粧水 [携帯 /スマホ・パソコン]

●ピールオフパックとピーリングパックの違い [携帯 /スマホ・パソコン

●低分子ヒアルロン酸塗り過ぎで顔カビに! [携帯 /スマホ・パソコン]

●BG - ブチレングリコールとは?[携帯/スマホ・パソコン

 

Algai2013tm

《他の関連サイト等》

サブ公式サイト

美容ブログ アメーバーブログ

手作り化粧水専用ライブドアブログ

FACEBOOK

TWITTER

GOOGLE

|

« ナノ化/低分子ヒアルロン酸がいちご鼻や開いた毛穴を改善? | トップページ | 開いた毛穴の黒ずみやテカリ・いちご鼻対策のまとめ »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286320/71258072

この記事へのトラックバック一覧です: いちご鼻や開いた毛穴の黒ずみ 軟膏パックで治す危険性:

« ナノ化/低分子ヒアルロン酸がいちご鼻や開いた毛穴を改善? | トップページ | 開いた毛穴の黒ずみやテカリ・いちご鼻対策のまとめ »