« パラベンフリー日焼け止めやシャンプー等の安全性/危険性 | トップページ | 世界遺産 湯の峰温泉のつぼ湯とくすり湯の泉質 »

2017年8月 7日 (月)

熊野古道 湯の峰温泉 3つの公衆浴場と入浴料金

 

A_masqued

マスク・ダルモールのご紹介ページへ [携帯/スマホ・パソコン

 

先日機会があり、熊野古道を少しだけ散策してまいりました。私の最大の目的地は、全身浴ができる温泉として、唯一世界遺産登録されている、湯の峰温泉の「つぼ湯」です。といっても、熊野古道の一部としての、登録となります。

下の写真は、堆積した湯の華から生まれたとされる仏様をご本尊とする、東光寺です。

Yunomine0120006


大きな旅館やホテルはなく、いくつかの民宿で構成される、比較的こじんまりとした温泉地です。私がイチバン驚いたのは、海外からのビジターさんが比率が、明らかに高いことです。草津温泉や有馬温泉の、比ではないでしょう。

その理由はどうやら、他の温泉地に比べて海外向けのサイトが、充実しているのが理由のようです。下記はその一例です。

http://www.tb-kumano.jp/en/onsen/yunomine/

またこの温泉地や熊野本宮へのアクセスは意外と便利なようで、JR新宮駅より1日に数本バスが運行されています。所要時間は、約70分です。海外からのビジターさんは、上手に利用されているようでした。

ここには3つの、公衆浴場があります。「つぼ湯」と一般の「公衆浴場」と「くすり湯」です。

つぼ湯は1組30分の貸し切りです。石鹸やシャンプーの使用は一切禁止です。詳細は別の記事にて、ご紹介したいと思います。

一般の公衆浴場は、水で薄めて温度を落としています。石鹸やシャンプーの使用可能で、石鹸でもよく泡立ちます。

くすり湯は、源泉100%です。源泉を細い管に通して温度を下げているというものの、やはり熱いようです。石鹸やシャンプーの使用は、禁止です。

料金は、つぼ湯と他のいずれかの浴場とセットで、770円です。一般の公衆浴場のみといった入浴も可能で、その場合は250円です。

次回の記事では、つぼ湯について書きたいと思います。

 

 Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 

Adeffects01

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

公式サイト内の拡大図

■アクア・ダルモール77製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

■マスク・ダルモール 製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 

公式サイト内の人気記事集(best)》

●グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ [携帯 /スマホ・パソコン]

●エチルヘキサン酸セチルでおでこブヨブヨ [携帯/スマホ・パソコン

●1,2-ヘキサンジオールの危険性 [携帯/スマホ・パソコン

●フェノキシエタノールはパラベンより安全? [携帯/スマホ・パソコン

●ローズマリー葉エキスで重篤な副作用 [携帯 /スマホ・パソコン

●危険なパラベンフリー化粧品/化粧水 [携帯 /スマホ・パソコン]

●ピールオフパックとピーリングパックの違い [携帯 /スマホ・パソコン

●低分子ヒアルロン酸塗り過ぎで顔カビに! [携帯 /スマホ・パソコン]

●BG - ブチレングリコールとは?[携帯/スマホ・パソコン

 

Algai2013tm

《他の関連サイト等》

サブ公式サイト

美容ブログ アメーバーブログ

手作り化粧水専用ライブドアブログ

FACEBOOK

TWITTER

GOOGLE

|

« パラベンフリー日焼け止めやシャンプー等の安全性/危険性 | トップページ | 世界遺産 湯の峰温泉のつぼ湯とくすり湯の泉質 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286320/71360156

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野古道 湯の峰温泉 3つの公衆浴場と入浴料金:

« パラベンフリー日焼け止めやシャンプー等の安全性/危険性 | トップページ | 世界遺産 湯の峰温泉のつぼ湯とくすり湯の泉質 »