« 粉吹き肌(肌粉吹き) ヒアルロン酸入り化粧水の危険性 | トップページ | 粉吹き肌(肌粉吹き) 尿素入り化粧水やクリームはご注意! »

2018年3月27日 (火)

粉吹き肌(肌粉吹き) エタノール入り化粧水の危険性

 

A_masqued

マスク・ダルモールのご紹介ページへ [携帯/スマホ・パソコン

 

前回の記事では、お肌が粉を吹いて敏感肌になっている場合は、ヒアルロン酸配合の化粧水やスキンケア製品は、避けた方が無難であると書きました。今回も、他の避けるべき化粧品成分について、書きたいと思います。

前々回の記事でも書きましたが、お肌が粉を吹いてしまっている場合は、もはや超敏感肌です。潤せば粉吹き肌はおさまるのですが、逆に化粧品成分が、悪影響を与えることがあるから、注意が必要です。

その代表格として2番目に注意すべきは、やはりエタノール(アルコール)でしょう。合成したアルコールであれ、天然由来であれ、アルコールはアルコールで、他の何物でもありません。少なくともお肌を乾燥し、酷い場合は炎症を起こします。基本的にはエタノールは、人体に有害物質です。

お肌が乾燥するメカニズムですが、エタノールを含んだ化粧水をお肌に塗布すると、エタノールが肌細胞から水分を追い出し、肌細胞と結びつきます。その後エタノールは、無責任にも蒸発してしまうのです。当然ながらお肌は、干からびてしまいます。

エタノール配合の化粧水を使っていて、そんなことはないけど?

ほとんどの化粧水は、塗布後ベタベタしていて、お肌が潤ったように錯覚します。しかしそれは肌上が潤っただけで、ベタツキの下に隠れている角質層が、干からびている可能性が高いのです。弊社アドバイザー医師の北廣美先生先生(奈良県三郷町 医療法人やわらぎ会 理事長/代替医療分野で超有名なドクター)によれば、女性の多くはスキンケア製品のベタツキと、本当の潤い、すなわち角質層内の潤いとを、区別できない傾向にあるそうです。

確かめる方法ですが、本当に潤えば、粉吹き肌は解消するでしょう。また毛穴が開いていた場合は、毛穴は閉じるでしょう。そのように改善しないのであれば、やはり肌上が単にべたついているだけと、断定できます。そのあたりはイチバン、注意するべきことでしょう。

なお、エタノールは様々なボタニカルエキス(植物エキス)の抽出に使用されることから、エタノール自体もエキスに残っていると考えられるでしょう。いわゆる、「キャリーオーバー」です。その場合は全成分として表示されていない場合もありますので、避けることが難しいかもしれません。そのため、単純な配合の、スキンケア製品が、求められるわけです。

次回の記事でも、粉吹き肌にはお薦めできない化粧品成分について、書きたいと思います。

 

Trial_bunchu01 

タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 

 

Adosusume1g
Adosusume2
Adosusume3
Adosusume4
Adosusume5b

公式サイト内の拡大図

■アクア・ダルモール77製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

■マスク・ダルモール 製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 

Algai2013tm

 携帯/パソコン

 

|

« 粉吹き肌(肌粉吹き) ヒアルロン酸入り化粧水の危険性 | トップページ | 粉吹き肌(肌粉吹き) 尿素入り化粧水やクリームはご注意! »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286320/73187077

この記事へのトラックバック一覧です: 粉吹き肌(肌粉吹き) エタノール入り化粧水の危険性:

« 粉吹き肌(肌粉吹き) ヒアルロン酸入り化粧水の危険性 | トップページ | 粉吹き肌(肌粉吹き) 尿素入り化粧水やクリームはご注意! »