« USDAオーガニックコスメのような認証制度は日本に不要? ① | トップページ | レチノールクリーム含有 化学物質等刺激物による副作用③ »

2018年11月18日 (日)

レチノールクリームの副作用 レチノール反応と好転反応 ②

 

A_masqued

マスク・ダルモールのご紹介ページへ [携帯/スマホ・パソコン

 

前回の記事では、レチノールの概要について書きました。今回はレチノールクリームに関して、踏み込んでまいりたいと思います。

このレチノールクリームを塗って、期待していたよりも効果がなくとも、お肌に異常がなければそう問題はないでしょう。しかし、痒みや腫れやブツブツなどの肌荒れが生じた場合は、要注意です。基本的には即刻ご使用を中止すべきでしょう。また、しっかりとしたメーカーの製品であれば、その注意書きにはそう書かれているはずです。

それを好転反応だと思い込んで使用し続けると、お肌はとんでもないことになりかねません。このように書くのは、じつはインターネット上の悪質な、無責任で拝金主義のアフィリエイト広告が、じつに多いのです。レチノール反応(好転反応)の症状が出ても我慢して使い続けなさいというようなことが、平気で書かれています。

また、エステサロンさん等においても、同様のことが多々あるようです。レチノールクリームを塗ったらかぶれてきたのに、好転反応だから問題ないといった具合です。レチノールクリームに限らず、お肌の収拾がつかなくなるまで施術を受け続け、いよいよ症状の収集がつかなくなって病院送りにされ、それから国民生活センターさんへの苦情/クレームの仕立てといったことも、少なくないようです。

そもそも好転反応とは、医師の免許を持たない素人が、適正に判断できるものではありません。それは医療のプロであるお医者さんのみが、判断できることです。お医者さんによっては誤診さえもしかねないのが、この好転反応です。それゆえ厚生労働省は、好転反応だといって使用や購買の継続を消費者に促すことは、厳しく禁じています。

エステサロンさんでも、もちろん同様です。お肌に異常が出た時点で、そもそもその施術は失敗であり、即刻中止すべきなのです。別の言い方をすれば、好転反応を伴う施術は、重大な違法行為となります。サロンの利用者さんにおかれても、好転反応だと言って施術者が主張する場合は、即刻施術を中止してもらいましょう。

医師の指導のもとでレチノール剤を使用するのであれば、お肌に異常が出た場合は、好転反応であるかを見極め、またその異常に対して対処することもできます。しかし医学的知識の乏しい素人に、いったいどのような安全策が講じられようというのでしょうか。まったくもって、無茶苦茶なお話です。

たまたま当てずっぽうで好転反応であればまだしも、ただの悪化である危険性があるわけです。その場合は最悪、病院送りにされてしまいます。私はもちろん、レチノールクリームの効果を否定したり、危険だと主張しているわけではありません。お肌に異常が発現した場合は、即刻使用を中止すべきだということを、言いたいだけです。

この好転反応を取り巻く環境は、最近どんどん複雑化しているようです。次回の記事では好転作用と取り違える可能性のあることについて、書きたいと思います。

アメブロの同内容の記事

公式サイト内の同内容の記事全文

 

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 

Adosusume1g
Adosusume2
Adosusume3
Adosusume4
Adosusume5b

公式サイト内の拡大図

■アクア・ダルモール77製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

■マスク・ダルモール 製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 

Algai2013tm

 携帯/パソコン

 

|

« USDAオーガニックコスメのような認証制度は日本に不要? ① | トップページ | レチノールクリーム含有 化学物質等刺激物による副作用③ »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286320/74620819

この記事へのトラックバック一覧です: レチノールクリームの副作用 レチノール反応と好転反応 ②:

« USDAオーガニックコスメのような認証制度は日本に不要? ① | トップページ | レチノールクリーム含有 化学物質等刺激物による副作用③ »