« タラソテラピー海藻パック/アルゲパックのヨード含有量 | トップページ | ヨード(ヨウ素)が多いヒジキ豆を毎日食べても安全? »

2012年4月18日 (水)

昆布のヨード(ヨウ素)含有量はワカメの10倍以上の5mg/g

A_masqued

海藻パック マスクダルモールのご紹介ページへ

 

「毎日海藻を食すると発ガン」に関するまとめの記事はコチラです → 総括記事 

 

日本ではよくコンブのヨード含有量は、グラム当たり1.31mgといわれています。これは厚生労働省が、研究等に採用している数値です。() 第16項の表では、「五訂 日本食品成分表 食品成分研究調査会編 参考資料:「医歯薬出版」のデータより引用」としながら、コンブ100gあたり131000μgのヨード含有量と、研究に利用しています。(=1.31mg/g) また国民に向けての情報でも、この数値が採用されています。

 

このように厚生労働省が実質的にこの数値をオーソライズしてしまっているために、「1.31mg/g」という数値は、正しいものと認識されてしまっているようです。しかしこの数値はきわめて低すぎる、または分析が適切でなかった可能性が高いもので、平均的なコンブのヨード含有量から大きく乖離しています。

 

適切な数値は、滋賀県立大学さんのホームページに掲載されています。同ホームページによれば、コンブのヨード含有量は平均で5mg/gです。別記事にも書きましたが、フランスのラミナリア・ディギタータ(Laminalia Digitata)という真昆布の近似種は、おおむね5mg/g前後です。弊社が所持する資料では、最高は8mg/gと驚異的な含有量です。このあたりを考え併せれば、ほぼ整合性がとれていているでしょう。

 

これは先ほどの別記事にも書きましたが、フランスではヨードはコンブは厳しく規制されています。ヨード含有量が多すぎるからです。コンブ以外の食用海藻は5mg/g以下とされ、コンブのみが6mg/g以下とされています。ヨード含有量が6mg/gを上回るコンブは、フランスでは食品衛生上認められないため、化粧品用途にまわされます。

 

ここで注目していただきたいのは、なぜコンブのみを6mg/gと別扱いにしたのかということです。もし食用コンブのヨード含有量の上限を5mg/gと定めてしまったら、多くのコンブが食用に不適合となってしまいます。言い換えれば、ヨード含有量5mg/gを上回るコンブは、当たり前のようにたくさん存在するのです。採取する季節によっては、全量アウトになる可能性もあります。

 

さらにコンブの摂取量も厳しく制限される等、とにかくコンブの摂取には注意を払うようにと、国民への指導がなされています。昭和の時代の日本では「昆布は栄養豊富。しかし食べ過ぎると毒。」と、注意をされたものでした。これが食用海藻文化の、日本人の知恵でした。

 

しかし今ではこの「1.31mg/g」という数値が独り歩きして、ヒジキ(0.5mg/g~1mg/g)とたいして変わらないヨード含有量だとさえも、誤認されてしまっているのです。これが結局はコンブを甘く見くびり、一部の海藻ファンにおいしいからとコンブを大量に食し、甲状腺の疾病と導いている可能性が高いのではと、アルガアイは考えます。

 

しかしこの「5mg/g」を認めてしまうと、世の中ひっくり返ってしまいます。過去の記事にも書きましたが、これはタブーに踏み込むことになってしまうのです。

 

過去の記事にも書きましたが、WHOより「日本人はヨード摂取しすぎだ!」と非難され続けてきました。「日本人には日本人に適した食文化がある。余計なお世話だ。」と言いたくもなります。しかしこの非難の根本をただせば、この「昆布ヨード含有量:1.31mg/g」なのではと、私は思えてきます。

 

乾燥体換算でざっくりとですが、ワカメのヨード含有量はコンブの1/10で、海苔は1/20、ヒジキやもずくは1/5です。今回の「ワカメやコンブなどの 海藻をほぼ毎日食べる40代以上の女性は、あまり食べない女性に比べて、 甲状腺が んの一種になるリスクが高まるとする研究結果を厚生労働省の研究班がまとめました。」の研究発表のように、10倍もの差があるものを同列に扱う自体、無理のあるお話(=ナンセンス)と思います。

 

(追記)

 

日本に輸入される食用海藻は、食品衛生法違反により、積み戻し処分を受けることがあります。「二酸化硫黄」に汚染されている例が多く、検疫所では厳しいチェックを受けます。

 

二酸化硫黄とは、わかめ等が変色するのを防ぐために、添加される場合があります。また海藻を重油を燃やして乾燥させるという荒っぽい製造方法が報じられたことがありましたが、燃焼ガス中に発生する二酸化硫黄が大量に、海藻に付着する場合もあります。

 

別記事にも書きましたが、この二酸化硫黄は呼吸困難を引き起こすこともある、危険な毒物です。検疫所で100%防ぎきれるものではありませんので、輸入ワカメ等には消費者も注意をはらう必要があると思います。包装を開けたら息苦しくなった・・・。その場合は二酸化硫黄による可能性があります。

 

また一方、これはあまり知られていないことですが、日本から輸出された食用海藻が、ヨーロッパで積み戻し処分を受けることがあります。もう何年も前に見た資料でよく覚えていませんが、たしか昆布のヨード含有量であったように記憶しています。とにかくEU諸国は、日本の海藻に目を光らせています。昆布のヨード含有量に関する日本の甘い評価に、警戒感をもっていたからともされています。

 

これはあの原発事故後の、「食品に含まれる放射能の暫定基準値」が定められた事に対する、各国の対応と似ていると思います。「外国は過敏になっている。日本の品質を誤解している。各国に理解してもらうように申し入れる。」と国は動いていましたが、各国は拒みました。

 

各国の対応は、当たり前のことであったと思います。食品の安全基準を下げてしまった、日本という国自体が、信用できなくなってしまっていたからです。暫定基準値はそのまま、輸出される食品にも反映されます。暫定基準値を設定しなかったら、もっと状況が違っていたかもしれません。

 

したがって日本ではコンブのヨード含有量も、正しく評価されるべきと思います。

 

アメブロ内の関連記事

公式サイト内のオリジナル記事

 

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセット ご紹介ページへ

 

Adeffects01

 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

アルガアイ流 毛穴ケアのご紹介絵図

アクアダルモール77 ご紹介ページ

マスクダルモール ご紹介ページ

 

公式サイト内の化粧品関連記事集》

パラベン vs フェノキシエタノール

ローズマリー葉エキスの安全性

1,2-ヘキサンジオールの安全性

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ

エチルヘキサン酸セチルの安全性

低分子ヒアルロン酸で顔面水虫に!

海藻パックでかぶれる原因とは?

石膏パックで低温やけどの危険性

濃グリセリンとは?

 

Algai2013tm

《他の関連サイト等》

サブ公式サイト

美容ブログ アメーバーブログ

はてなブログ

FACEBOOK

TWITTER

|

« タラソテラピー海藻パック/アルゲパックのヨード含有量 | トップページ | ヨード(ヨウ素)が多いヒジキ豆を毎日食べても安全? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昆布のヨード(ヨウ素)含有量はワカメの10倍以上の5mg/g:

« タラソテラピー海藻パック/アルゲパックのヨード含有量 | トップページ | ヨード(ヨウ素)が多いヒジキ豆を毎日食べても安全? »