« 高い保湿効果!フェイシャルパック エステサロン業務用 | トップページ | 父の日まであと1週間 入浴剤/入浴料のギフトをお探しなら! »

2013年6月 8日 (土)

エコサート(ECOCERT)認証オーガニックコスメ/化粧品とは?

A_masqued

海藻パック マスクダルモールのご紹介ページへ

 

オーガニックコスメの本当を知ろうシリーズ⑮

 

「エコサート」とはフランスに本拠をおく、オーガニック食品やオーガニックコスメ/化粧品原料の認証機関です。公的機関では、ありません。当初はEU諸国が中心でしたが、今や米国や中国などの市場でも、大きな影響力をもっているようです。環境や消費者を守りながら、自然由来の原料やそれらを用いた化粧品の、高付加価値化をすすめているようです。

 

用いる素材は、自然由来の原料を基本としています。自然由来とは、動植物や鉱物、そして海洋資源等です。それらは重金属や残留農薬、そしてダイオキシンや放射能などの汚染とは、無縁であることが絶対条件です。またGMO(遺伝子組み換え作物)由来の原料も、基本的に含んではならないとされています。

 

ただ、化学合成物質が全くダメであるかというと、そうでもありません。条件付きにはなりますが、合成界面活性剤の添加も可能です。天然由来を化学合成した界面活性剤も、可能のようです。その他化学合成防腐剤も、添加可能です。

 

私がイチバン気になったのは、アルコール類に対しては寛容のようです。欧米人に比べて日本人女性は乾燥肌タイプの方が多いといわれます。アルコールというものは皮膚に浸透すると、角質層内の水を追い出して置換してしまいます。エタノールを含むアルコール類は、乾燥肌の天敵なのです。またアトピー性皮膚炎やアトピー肌にとっては、アルコールはタブーです。

 

今後エコサート認証済みの化粧水等の化粧品が、市場で増えてくるかもしれません。もちろんエコサート認証製品は、他の「オーガニック! オーガニック!」と連呼して宣伝している化粧品よりは、高志向製品でしょう。しかしエコサート認証システムが例外として認めている化学物質のチェックは必要でしょう。また過去の記事にも書きましたが、アレルギー性皮膚炎やアナフィラキシーショック等の危険性にも、注意が必要です。

 

エコサート製品であっても、安全性が担保されたということではありません。使用者各自が、成分等をチェックする必要があるでしょう。

 

次回の記事では、エコサート認定成分配合化粧品の意義について、書きたいと思います。

 

アメブロ内の関連記事

公式サイト内のオリジナル記事

 

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセット ご紹介ページへ

 

Adeffects01

 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

アルガアイ流 毛穴ケアのご紹介絵図

アクアダルモール77 ご紹介ページ

マスクダルモール ご紹介ページ

 

公式サイト内の化粧品関連記事集》

パラベン vs フェノキシエタノール

ローズマリー葉エキスの安全性

1,2-ヘキサンジオールの安全性

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ

エチルヘキサン酸セチルの安全性

低分子ヒアルロン酸で顔面水虫に!

海藻パックでかぶれる原因とは?

石膏パックで低温やけどの危険性

濃グリセリンとは?

 

Algai2013tm

《他の関連サイト等》

サブ公式サイト

美容ブログ アメーバーブログ

はてなブログ

FACEBOOK

TWITTER

|

« 高い保湿効果!フェイシャルパック エステサロン業務用 | トップページ | 父の日まであと1週間 入浴剤/入浴料のギフトをお探しなら! »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エコサート(ECOCERT)認証オーガニックコスメ/化粧品とは?:

« 高い保湿効果!フェイシャルパック エステサロン業務用 | トップページ | 父の日まであと1週間 入浴剤/入浴料のギフトをお探しなら! »