« かかとケア ガサガサ角質ケア クリームが硬化の原因なら! | トップページ | アルゴパック 美容室/エステサロン業務用にもおすすめ »

2013年7月29日 (月)

古い角質を落とすゴマージュとは? スクラブとは? ピーリングとは?

A_masqued

海藻パック マスクダルモールのご紹介ページへ

 

スクラブとは英語表記で、“Scrub”となります。「ごしごし洗って汚れを落とす。」という意味です。汚れを落とす効率を上げるために、植物の種や種皮・殻などを粉砕した粉末が、スクラブ剤の主剤として使われていました。今ではサンゴ末(珊瑚パウダー)も、よく使われるようです。またアルミナ(セラミック)粉末も効率が上がるために、最近では積極的に使用されるようです。

 

このスクラブを使用して、古い角質を落とす行為が、「ピーリング」or「ゴマージュ」とよばれています。ピーリングは英語圏、ゴマージュはフランス語圏の表現となります。スクラブ剤を用いでお肌をこすれば、古い角質が落ちて、お肌が1トーンもしくは2トーン明るくなるわけです。種などの粉砕物の角がとがっていて、これをコロコロお肌の上を転がるうちに、古い角質が削れ落ちるというのが、このメカニズムです。

 

ただ、上手にスクラブ剤が使用されればよろしいのですが、実際のところそうもいかないようです。ピーリングで必要な角質までも削り落し、お肌が腫れ上がることなども・・・。効率を上げたいためか、比較的鋭利なエッジをもつスクラブ剤である、サンゴ末やアルミナなどが多用されることが、肌トラブルに拍車をかけているかもしれません。

 

アルミナとはセラミックの一種で、粉砕された粉末の場合は、鋭利な刃先を得ることができます。この刃をもった粉末を焼き固めたものを円盤状にしたものは、金属加工で使用される「砥石」となります。鋭利な角をもったひとつ一つのアルミナの粒が、金属を削っていくわけです。ですから本来は、アルミナなどの硬い物質でできたスクラブ剤は、注意して使用されるべきものなのです。

 

金属加工においてはアルミナは焼き固められずに、遊離砥粒として粉末のまま使用されることもあります。いわゆる「鏡面加工」などにおいては手作業で、数千メッシュ(10μ以下、μとは1/1000mm)の研磨剤が、加工油と一緒に布などに塗布され使用されます。鏡面とは、磨いているご本人の顔がキレイに映るほどの、鏡のような面です。指先の微妙な動きなどの、熟練を要します。また削れ具合を観察しながら作業しないと、表面にキズが入ってしまい、台無しになってしまいます。少々横道にそれましたが・・・。

 

一般的にお顔やデコルテ部などの皮膚の薄い箇所は100~150μの粒径のスクラブ剤、その他の足などの部位は250μの粒径のスクラブ剤が、遊離砥粒として使用されるようです。お顔に余り大きな粒を使用しない理由は、深いキズを与えてしまう危険性があるからです。ところが、いくら細かい粒子であっても、何度も何度も同じ箇所をゴシゴシすることによって、深いキズをつけてお肌を台無しにしてしまうことがあります。これが結局は、お顔のヒリヒリや炎症につながるわけです。

 

毛穴の汚れを一生懸命落とそうとして何度もゴシゴシしていたら、炎症を起こしてしまったようなご経験は?

 

必要な角質までも削り落した結果、保湿力が低下して余計に毛穴が開いてしまったなどのご経験は?

 

私自身は美容用途においての、スクラブ剤を否定するわけではありません。本来の使い方として、かるく顔をさすりながら一皮剥いてトーンアップさせる程度であれば、お肌が弱い方でなければ問題ないと思います。しかし毛穴内部の汚れを狙い撃ちするような使い方は、やはりそれなりの熟練を要するものと思われます。

 

以上は物理的な手段によるものですが、化学的に行うピーリングもあるようです。それはフルーツ酸などと称した薬剤を使用してのケミカルピーリングと呼ばれるものです。端的に申し上げれば、薬剤で皮膚を溶かす方法です。これは迷うことなく、避けた方が無難のようです。国民生活センターさんに、多くの苦情が寄せられているとうかがいます。シミが多発したりと被害は甚大のようですので、どうかお気をつけ下さい。

 

そして「ナチュラルピーリング」という概念があります。それに使用される代表的なグッズは、「石鹸」です。アルカリにはたんぱく質を溶かす働きがあります。強アルカリであれば必要な皮膚までも侵しますが、弱アルカリのセッケンであれば、古い角質(垢)を落とすのがせいぜいでしょう。安全なピーリング剤ともいえましょう。ただし完全に取り切ることは少々難しいようです。

 

今ひとつの方法は、アルカリ性化粧水による古い角質層除去です。カカトのピーリング剤といったグッズも販売されていますが、それは酸性でエタノールなども含まれていて、使用者によっては少々刺激もあるようです。踵は角質層が厚く、少々の刺激でも大丈夫といった具合でしょうか・・・。しかし角質層への浸透力さえあれば、たとえ微弱アルカリ化粧水であっても、カカトのようなゴワゴワした古い角質層も、キレイに除去できるようです。

 

以上が首記に関するご説明です。皆さまのお肌の状況に合わせて、安全で無理のない、ピーリング/ゴマージュ方法を探されてみて下さい。

 

アメブロ内の関連記事

はてなブログ縮小版記事

公式サイト内のオリジナル記事

 

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセット ご紹介ページへ

 

Adeffects01

 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

アルガアイ流 毛穴ケアのご紹介絵図

アクアダルモール77 ご紹介ページ

マスクダルモール ご紹介ページ

 

公式サイト内の化粧品関連記事集》

パラベン vs フェノキシエタノール

ローズマリー葉エキスの安全性

1,2-ヘキサンジオールの安全性

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ

エチルヘキサン酸セチルの安全性

低分子ヒアルロン酸で顔面水虫に!

海藻パックでかぶれる原因とは?

石膏パックで低温やけどの危険性

濃グリセリンとは?

 

Algai2013tm

《他の関連サイト等》

サブ公式サイト

美容ブログ アメーバーブログ

はてなブログ

FACEBOOK

TWITTER

|

« かかとケア ガサガサ角質ケア クリームが硬化の原因なら! | トップページ | アルゴパック 美容室/エステサロン業務用にもおすすめ »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古い角質を落とすゴマージュとは? スクラブとは? ピーリングとは?:

» ピーリング 最新情報 - 知識陣 (ビューティー 美容) [知識陣 ビューティー]
ピーリング に関する最新情報 [続きを読む]

受信: 2013年8月 4日 (日) 06時33分

« かかとケア ガサガサ角質ケア クリームが硬化の原因なら! | トップページ | アルゴパック 美容室/エステサロン業務用にもおすすめ »