« 天然界面活性剤の脂肪酸アルカノールアミド含有ヤシノミ洗剤は安全でアトピー改善? アトピー性皮膚炎に危険性なし? | トップページ | インフルエンザ・風疹の流行 フェノキシエタノールが感染を促進? »

2014年1月24日 (金)

にがり入浴剤の保湿効果 セラミドが合成されアトピー改善?

A_masqued

海藻パック マスクダルモールのご紹介ページへ

 

にがり入浴剤でアトピーが治る! 治りが早くなる!

 

ときどきこのような広告をインターネット上で見かけますが、私の知る限りでは、そのような事実は存在しません。(→詳細記事

 

確かにいろいろな本で、ニガリがお肌の保湿力を高めるといった、医学的見解があります。ニガリ(苦汁)を投入したお風呂のお湯が肌に作用して、肌内のセラミドの合成を促すとされています。その結果、お肌が潤うというメカニズムです。アトピー性皮膚炎に対する作用に関しても、お肌の保湿力を高める等の、一応の効果はあるようです。しかし完治したといったことまでの、確かな情報はないようです。

 

そしてここがイチバン重要な点ですが、このように医学的に効果があった場合の「ニガリ」とは、「上質なニガリ」を使用した場合です。「超安価なニガリ」を使用しての効果ではありませんので、この点は充分にお気をつけ下さい。「ニガリ」と称されるものには、「上質なニガリ」と、「超安価なニガリ」があります。

 

本来のニガリとは、塩を精製する際に煮詰めた海水から硫酸カルシウム(石膏)と塩化ナトリウム(いわゆる塩)を大幅に取り除いて残った、苦みのある液体です。一般的には、ミネラルとしてイチバン多いのはマグネシウムです。そしてココが大事な点ですが、マグネシウム以外の種々の海洋ミネラル、たとえばカリウムやホウ素なども、豊富に含まれています。得られる量は少なく、希少価値があります。

 

この上質なニガリ(高品質なニガリ)は、「本にがり」ともよばれています。「本当のニガリ」または「本来のニガリ」と、お考え頂いて結構です。豆腐の凝固剤に使用される場合は、「粗製海水塩化マグネシウム」または「塩化マグネシウム含有物」と表示されるのが一般的です。お高めの豆腐は、このニガリが使用されていて、風味もしっとり感も素晴らしいとされています。

 

いっぽう「超安価なニガリ」とは、海水から比較的簡単に製造されます。このニガリは成分的には塩化マグネシウム単体であり、他の海洋成分はほとんど含まれていない、非常に純度が高い塩化マグネシウムです。純度が高いということは、スキンケアの観点からすれば、低品質ともいえましょう。いたって安価に、製造可能です。比較的安価な豆腐の凝固剤として、また雪道などに置かれていて、「解氷剤」「凍結防止剤」としも活躍しています。 

 

解氷剤であっても、中身は食品レベルの塩化マグネシウムです。25kg入りで、お値段は2000円~3000円(kgあたり100円)程度です。じつはこの塩化マグネシウムが小分けされて、浴用(バスソルト/入浴剤/入浴料)としても販売されています。インターネット上では解氷剤(100円/kg程度)の10倍~20倍の価格で販売されているようです。しかも「アトピー性皮膚炎が治る!」「アトピーの痒みがおさまる!」と、やや行き過ぎた広告がなされています。

 

「上質なニガリ」と「超安価なニガリ」の見分け方は、先ほどの名称で簡単に見分けがつきます。凍結防止剤や解氷剤を小分けしたような入浴剤の全成分に「塩化マグネシウム」表記されていれば、「超安価なニガリ」です。そしてもうひとつ大事な点ですが、私の知る限りでは日本で生産される「上質なニガリ」は、すべて液体です。本にがりを乾燥個体化/乾燥粉末化する設備は、日本では導入されていないようです。いっぽう「超安価なにがり」は、フレークタイプやウェハータイプや粉末です。

 

塩化マグネシウム自体は、人体に有益なミネラルには間違いないでしょう。しかし潤いが足らないお肌は、他にもいろいろなミネラルも必要としているわけです。他の海洋ミネラルもしっかり残存しているニガリのほうが、間違いなく圧倒的に保湿力あります!

 

最後になりますが、アトピー性皮膚炎患者さんは、お医者さんとのご相談の上で、保湿ケアをしましょう。お医者さまとの信頼関係は、疾病の治癒・改善へのイチバンの近道です。

 

 

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセット ご紹介ページへ

 

Adeffects01

 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

アルガアイ流 毛穴ケアのご紹介絵図

アクアダルモール77 ご紹介ページ

マスクダルモール ご紹介ページ

 

公式サイト内の化粧品関連記事集》

パラベン vs フェノキシエタノール

ローズマリー葉エキスの安全性

1,2-ヘキサンジオールの安全性

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ

エチルヘキサン酸セチルの安全性

低分子ヒアルロン酸で顔面水虫に!

海藻パックでかぶれる原因とは?

石膏パックで低温やけどの危険性

濃グリセリンとは?

 

Algai2013tm

《他の関連サイト等》

サブ公式サイト

美容ブログ アメーバーブログ

はてなブログ

FACEBOOK

TWITTER

|

« 天然界面活性剤の脂肪酸アルカノールアミド含有ヤシノミ洗剤は安全でアトピー改善? アトピー性皮膚炎に危険性なし? | トップページ | インフルエンザ・風疹の流行 フェノキシエタノールが感染を促進? »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にがり入浴剤の保湿効果 セラミドが合成されアトピー改善?:

« 天然界面活性剤の脂肪酸アルカノールアミド含有ヤシノミ洗剤は安全でアトピー改善? アトピー性皮膚炎に危険性なし? | トップページ | インフルエンザ・風疹の流行 フェノキシエタノールが感染を促進? »