« ⑭ シリカが添加されているタラソテラピー入浴剤/バスソルト | トップページ | アルガアイのタラソテラピー入浴料 コート・ダルモール »

2016年3月23日 (水)

⑮ ホホバオイル配合のバスソルト/タラソテラピー入浴剤

A_masqued

海藻パック マスクダルモールのご紹介ページへ

 

バスソルト編の第1回目の記事は コチラ です

 

浴用タラソテラピーQ&Aトップは コチラ です

 

前回の記事では、シリカが添加物として配合されている、タラソテラピー入浴剤の安全性について書きました。今回は保湿成分としてホホバオイル配合の、バスソルト/タラソテラピー入浴剤について、書きたいと思います。

 

弊社はしばしば百貨店さん等で、タラソテラピー商材の実演販売をさせて頂きます。その際にお客様といろいろお話をさせて頂くのですが、意外と多いのが、ホホバオイル配合のバスソルトによる肌トラブルです。

 

ホホバオイル自体は安全性が高く、優れた保湿効果があることが知られています。しかしアレルギーを起こす方が、結構いらっしゃるのが現実です。症状は痒み等です。

 

もちろん私は、ホホバオイル配合の入浴剤の、悪口を言いたいわけではありません。ホホバオイル配合製品が、お肌にピッタリの方が多くいらっしゃると思います。問題は、ホホバオイルが合わない場合です。その場合はもちろんご使用を中止すべきでしょう。

 

すべてのホホバオイル配合のバスソルトを調べたわけではありませんが、ボタニカルオイルが配合されているバスソルトに使用されている海塩は、クリスタル状の塩化ナトリウムが主成分です。90%以上が無用の塩化ナトリウムで、有用成分は10%以下とお考え下さい。

 

いっぽう塩化ナトリウムを大幅にカットしてパウダー状のタラソテラピー入浴剤であれば有用成分は50%以上で、保湿効果は塩化ナトリウムが成分の海塩とは比較にならないほど優れています。ですからアレルギーの危険性がある他の保湿成分は、必要ありません。ピュアなタラソテラピー入浴料は、潤い保湿効果も安全性も、高いと言えるでしょう。

 

次回の記事も、タラソテラピー入浴料について、書きたいと思います。

 

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセット ご紹介ページへ

 

Adeffects01

 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

アルガアイ流 毛穴ケアのご紹介絵図

アクアダルモール77 ご紹介ページ

マスクダルモール ご紹介ページ

 

公式サイト内の化粧品関連記事集》

パラベン vs フェノキシエタノール

ローズマリー葉エキスの安全性

1,2-ヘキサンジオールの安全性

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ

エチルヘキサン酸セチルの安全性

低分子ヒアルロン酸で顔面水虫に!

海藻パックでかぶれる原因とは?

石膏パックで低温やけどの危険性

濃グリセリンとは?

 

Algai2013tm

《他の関連サイト等》

サブ公式サイト

美容ブログ アメーバーブログ

はてなブログ

FACEBOOK

TWITTER

 

|

« ⑭ シリカが添加されているタラソテラピー入浴剤/バスソルト | トップページ | アルガアイのタラソテラピー入浴料 コート・ダルモール »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ⑮ ホホバオイル配合のバスソルト/タラソテラピー入浴剤:

« ⑭ シリカが添加されているタラソテラピー入浴剤/バスソルト | トップページ | アルガアイのタラソテラピー入浴料 コート・ダルモール »