« 手作り化粧水に配合して保湿効果が得られる海藻抽出物とは? | トップページ | 気持ちいい夏用バスソルト/入浴料 コートダルモールジャポネ »

2016年8月 9日 (火)

⑰ ラベンダー精油配合入浴剤/バスソルトの安全性/危険性

A_masqued

海藻パック マスクダルモールのご紹介ページへ] 

 

 

バスソルト編の第1回目の記事は コチラ です

 

浴用タラソテラピーQ&Aトップは コチラ です

 

 

 

前回の記事では、月桂樹(ローレル/ローリエ)配合のバスソルト/タラソテラピー入浴料を使用する、メリットと危険性について書きました。今回はラベンダーのエッセンシャルオイル/精油配合の、バスソルト/タラソテラピー入浴料を使用する、メリットと危険性/安全性について、書きたいと思います。

 

ラベンダーオイルといえば、アロマテラピーでは定番中の定番の、ボタニカル成分です。さわやかな香りはリラックス効果に優れており、不眠やうつ病などにも効果がある可能性が示唆されています。またその種によっては、科学的に証明まではされていなくとも、さまざまな疾病に対する薬効が示唆されてきました。

 

スキンケア用途のほか、観賞用としてはもちろんのこと、歴史的にラベンダーは食品としても利用されてきました。イギリス王室では歴史的に菓子や料理に使用されてきたことは、有名なお話です。バラと同様に安全性が高い植物であるといえましょう。

 

弊社アドバイザー医師の北廣美先生(奈良県三郷町 医療法人やわらぎ会理事長/代替医療で超有名な先生)によれば、ラベンダーは比較的安全性が高い植物だそうです。しかし万人に対してアレルギーがでないというわけではありませんので、そのあたりはご注意下さい。

 

日本ではラベンダー配合のバスソルトは販売されているようですが、なかなか良質なものが見当たらないのが実情のようです。

 

第一に、塩化Na(塩化ナトリウム)主体の海塩や岩塩を使用したものが多いのです。これであれば入浴後に肌を乾燥させる要因である塩化Naの含有率は90~95%以上であり、有用成分が少なく、スキンケア効果やリラックス効果は低いでしょう。(弊社のタラソテラピー入浴料換算で5グラム程度)。

 

第二に、良質なラベンダーオイルが使用されずに、香料に置き換わってしまったバスソルトもあるようです。香料は所詮香料であり、もともとのオイルほどの効果を得られることは大いに疑問で、その上予期せぬ危険性もはらんでいます。

 

第三に、黒皮病や発がん性のあるタール色素を含んでいる、バスソルトも見受けられます。こうなってはもはや、安全性に強い疑問を持たざるを得ないでしょう。

 

良質なラベンダーオイル配合のバスソルトが見つからないのであれば・・・。

 

別個のタラソテラピー入浴料とラベンダーオイルを、浴槽内でブレンドしてはいかがでしょうか。塩分を大幅カットしたタラソ入浴料であれば30~40グラムのご使用がオススメです。ラベンダーオイルは、まずは1滴程度からのご使用がオススメです。お肌に問題がなければ、幾分ラベンダーオイルの量を増やすことも可能でしょう。もちろん信頼のおけるオイルのご使用は必須です。

 

これはお客様よりの情報ですが、かなりのリラックス効果が得られるようです。タラソテラピー入浴料特有のリラックス効果とラベンダーの香りがもつリラックス効果の、相乗効果といえるでしょう。

 

なお浴槽から出た後に、肌上に残った水分をタオルでふき取る程度にとどめるのが、タラソテラピー入浴料の基本的なご使用方法です。ラベンダーオイルが肌上に残っても問題がない場合は、この方法がオススメです。

 

今回までバスソルト/タラソ入浴料に関する記事をシリーズとして、いろいろと書いてまいりました。決して安価な製品でないため、製品の本質を理解することにより、経済的に無駄なく使いたいものです。また工夫を凝らすことによりバスソルト/タラソ入浴料の楽しみは、大幅にアップするでしょう。ぜひ上手に製品をお使いになり、有益で楽しいバスタイムを、お楽しみ下さいませ。

 

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセット ご紹介ページへ

 

Adeffects01

 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

アルガアイ流 毛穴ケアのご紹介絵図

アクアダルモール77 ご紹介ページ

マスクダルモール ご紹介ページ

 

公式サイト内の化粧品関連記事集》

パラベン vs フェノキシエタノール

ローズマリー葉エキスの安全性

1,2-ヘキサンジオールの安全性

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ

エチルヘキサン酸セチルの安全性

低分子ヒアルロン酸で顔面水虫に!

海藻パックでかぶれる原因とは?

石膏パックで低温やけどの危険性

濃グリセリンとは?

 

Algai2013tm

《他の関連サイト等》

サブ公式サイト

美容ブログ アメーバーブログ

はてなブログ

FACEBOOK

TWITTER

|

« 手作り化粧水に配合して保湿効果が得られる海藻抽出物とは? | トップページ | 気持ちいい夏用バスソルト/入浴料 コートダルモールジャポネ »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ⑰ ラベンダー精油配合入浴剤/バスソルトの安全性/危険性:

« 手作り化粧水に配合して保湿効果が得られる海藻抽出物とは? | トップページ | 気持ちいい夏用バスソルト/入浴料 コートダルモールジャポネ »