« 肌に塗布/使用できる安全性の高いアロマオイル/精油とは? | トップページ | 海藻パック(アルゲパック/タラソパック)の美肌効果とは? »

2016年10月24日 (月)

ダノンさんの「脱・遺伝子組み換え」を応援します!

A_masqued

海藻パック マスクダルモールのご紹介ページへ 

 

「羊の皮を被った狼」という言葉があります。親切そうにみえて、じつは内心ではよからぬことを考えている人のたとえです。外見だけで判断するのは危険であり、本質を見抜く力を備えておくことが、肝要でしょう。

 

遺伝子組み換え作物は、私たちの食をとりまく環境では、もはやあふれかえっているといっても、過言ではないでしょう。どんなに気をつけても、遺伝子組み換え由来の食品を完全に避けることは、もはや不可能に近いでしょう。

 

たとえば「遺伝子組み換えではない。」といった表記の食品の場合は、遺伝子組み換えが5%未満であれば、許されます。穀物等原材料の流通の過程で、どうしても遺伝子組み換えの原材料に、汚染されてしまいます。

 

こういった状況下で、ダノンさんの「脱・遺伝子組み換え」宣言は、たいへん歓迎されるべきことでしょう。なぜなら遺伝子組み換え食品の安全性は何ら確保されておらず、目下人類で人体実験中だからです。未知の危険が潜んでいる可能性は、だれも否定できないはずです。

 

遺伝子組み換え食品、たとえば大豆であれば、豆の姿をしたウィルスです。本質は、決して大豆ではありません。病害虫に強く安価に栽培することが可能なことがメリットであり、安全性が充分証明されていなことがデメリットです。

 

したがいまして消費者は、選択する権利があるべきでしょう。メーカーもしかりでしょう。そのメーカーの決断に対して抗議をするなど、私はおかしいと思います。このようなことが許されるのであれば、そのうちに消費者に対して遺伝子組み換え食品を、無理やり押し付けてくるような時代が到来するかもしれません。

 

遺伝子組み換えは、食の安全だけでなく、生態系の破壊へもつながりかねない、危険性を秘めた技法です。「農薬か遺伝子組み換えか! さもなけれが世界は食料不足!!」というのが、遺伝子組み換え肯定者側の論理です。しかしながら農薬にも遺伝子組み換えにも頼らなくとも、安定的な栽培は可能です。

 

フランス・ブルターニュでは、海藻を肥料とした栽培が盛んにおこなわれています。私はそれを、「海のタラソテラピー」と称しています。古来日本でも、海藻が肥料をして使用されてきました。ダノンさんを応援すると同時に、古来の農法を啓蒙すべき時ではないでしょうか・・・。

 

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセット ご紹介ページへ

 

Adeffects01

 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

アルガアイ流 毛穴ケアのご紹介絵図

アクアダルモール77 ご紹介ページ

マスクダルモール ご紹介ページ

 

公式サイト内の化粧品関連記事集》

パラベン vs フェノキシエタノール

ローズマリー葉エキスの安全性

1,2-ヘキサンジオールの安全性

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ

エチルヘキサン酸セチルの安全性

低分子ヒアルロン酸で顔面水虫に!

海藻パックでかぶれる原因とは?

石膏パックで低温やけどの危険性

濃グリセリンとは?

 

Algai2013tm

《他の関連サイト等》

サブ公式サイト

美容ブログ アメーバーブログ

はてなブログ

FACEBOOK

TWITTER

|

« 肌に塗布/使用できる安全性の高いアロマオイル/精油とは? | トップページ | 海藻パック(アルゲパック/タラソパック)の美肌効果とは? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダノンさんの「脱・遺伝子組み換え」を応援します!:

« 肌に塗布/使用できる安全性の高いアロマオイル/精油とは? | トップページ | 海藻パック(アルゲパック/タラソパック)の美肌効果とは? »