« 安全なパラベンフリー化粧品? フェノキシエタノールの危険性 | トップページ | パラベンフリー化粧水 ローズマリー葉エキスの危険性 »

2017年2月 3日 (金)

防腐剤 1,2-ヘキサンジオール配合のパラベンフリー化粧水

A_masqued

海藻パック マスクダルモールのご紹介ページへ 

 

前回の記事では、パラベンのかわりにフェノキシエタノールを使用した、パラベンフリー化粧品の危険性について書きました。今回はパラベンのかわりにヘキサンジオールを防腐剤として配合した、パラベンフリー化粧品の安全性や危険性について、書きたいと思います。

 

パラベンを配合するかわりに、ヘキサンジオールという保存料を配合したパラベンフリー化粧品/化粧水が、実店舗やインターネット市場で販売されているようです。はたしてこの物質の安全性は?

 

ヘキサンジオールは、皮膚や目などへの刺激のほか、腎臓や肝臓などの臓器にダメージを与えることが明らかとなっています。日本ではあまり危険性を指摘されませんが、米国では催奇性や発がん性の可能性に関しても、公的機関より強い警告がなされているという状況です。

 

また同成分の肌に対する安全性を示す、データの蓄積はありません。しいて申し上げるなら、製造者側が行った、短期間におけるパッチテストでしょう。当然ながら被試験者には、アレルギー体質の方や肌が弱い方は、居ないと考えるのが妥当です。少しばかりの代償で、肌トラブルが生じてしまっては、大変だからです。ですから、お肌が丈夫な方であれば、ある程度大丈夫かもしれないという程度の安全性と考えるべきでしょう。

 

ただし繰り返しになりますが、1,3-ヘキサンジオール配合化粧品を長期間使用した場合における肝臓への負担や、未評価の発がん性等の他の危険性は、まったく別のお話となりますが…。

 

この化学物質を配合した化粧水や化粧品を使用することにより、当然ながらこの物質を経皮摂取することとなります。どの程度の使用頻度で臓器に支障をきたすか等は、現在市場にて人体実験中であるともいえましょう。ヘキサンジオールとは、それほど安全性が確認されていない、さまざまな危険性を秘めた防腐剤なのです。

 

次回の記事では、代表的な天然由来防腐剤である、ローズマリーエキスを配合した、パラベンフリー化粧水/化粧品について、書きたいと思います。

 

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセット ご紹介ページへ

 

Adeffects01

 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

アルガアイ流 毛穴ケアのご紹介絵図

アクアダルモール77 ご紹介ページ

マスクダルモール ご紹介ページ

 

公式サイト内の化粧品関連記事集》

パラベン vs フェノキシエタノール

ローズマリー葉エキスの安全性

1,2-ヘキサンジオールの安全性

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ

エチルヘキサン酸セチルの安全性

低分子ヒアルロン酸で顔面水虫に!

海藻パックでかぶれる原因とは?

石膏パックで低温やけどの危険性

濃グリセリンとは?

 

Algai2013tm

《他の関連サイト等》

サブ公式サイト

美容ブログ アメーバーブログ

はてなブログ

FACEBOOK

TWITTER

|

« 安全なパラベンフリー化粧品? フェノキシエタノールの危険性 | トップページ | パラベンフリー化粧水 ローズマリー葉エキスの危険性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防腐剤 1,2-ヘキサンジオール配合のパラベンフリー化粧水:

« 安全なパラベンフリー化粧品? フェノキシエタノールの危険性 | トップページ | パラベンフリー化粧水 ローズマリー葉エキスの危険性 »