« 肌が粉を吹く(粉吹き肌/肌粉吹き)はもはや乾燥性敏感肌! | トップページ | ベースメイク リキッドファンデーション直塗りの安全性/危険性 »

2018年3月20日 (火)

人気のリキッドファンデーション 化粧崩れしにくい塗り方?

A_masqued

海藻パック マスクダルモールのご紹介ページへ 

 

前回の記事では、化粧崩れしない/化粧崩れしにくいリキッドファンデーションの、実情について書きました。今回は、化粧崩れしにくい/化粧崩れしないリキッドファンデーションの塗り方の実際について、書きたいと思います。

ネット上を探せば、化粧崩れを防ぐリキッドファンデーションの塗り方やテクニックに関する情報が、いろいろとあるようです。これらの方法は概ね、小鼻周りやTゾーンはきわめて薄く塗るといったことが共通するようです。

ご存知のように、お肌が乾燥している方は、Tゾーンがテカる傾向があります。皮脂を過剰に分泌することにより、さらなるお肌の乾燥を防ぐ、いわば防衛機能によるものです。すなわち脂性肌とは、乾燥肌の一種というわけです。

この部分へのリキッドファンデーションの塗布量を減らすというのは、皮脂の過剰分泌を前提としたものです。そうすれば皮脂が多量に分泌されても、化粧崩れが目立たないということです。

しかしここで考えなければならないのは、何のためのリキッドファンデーションなのかということです。カバー力を期待してのリキッドファンデーションなのに、イチバンカバーしたい部分をしっかりカバーできない、すなわちリキッドファンデーションの本来のメリットを、ほとんど得ることができないということです。

前回の記事の「化粧崩れしにくい/化粧崩れしないリキッドファンデーション」と同じく、ここまでするのであれば、肌負担が小さいパウダーファンデーションやパウダリーファンデーションを使用したほうがベターなのでは・・・・・。前回の記事にも書きましたが、とくに30代を過ぎて40代に差し掛かると、肌負担はカブレ等の肌トラブルへとなって、一気に襲い掛かってくる場合もあるので、ほんとうに要注意です。

ただしパウダリーファンデーションやパウダーファンデーションに切り替えても、化粧下地クリームを使用してダブル洗顔をする限りは、それなりの肌負担はあります。化粧下地クリーム+リキッドファンデーションでのメイクの場合ほどではないとしても、テカリや毛穴の開きが生じてしまう方は、決して少なくありません。

その場合は保湿効果の高い海藻を使用した海藻パックを使用することにより、何日かはテカリや毛穴の開きを抑えることは、可能でしょう。しかし弊社では、ファンデーションがお肌に定着する(よく馴染む)化粧水を使用しての、ファンデーション直塗りをお奨めしております。使用するファンデーションは、パウダリータイプもしくはパウダータイプです。純石鹸だけでのメイク落しが可能となり、肌負担は極めて小さくなるでしょう。

次回の記事では、リキッドファンデーションについての、まとめの記事を書きたいと思います。

 

2018年1月28日付けアメブロ記事より転載)

公式サイト内のオリジナル記事

 

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセット ご紹介ページへ

 

Adeffects01

 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

アルガアイ流 毛穴ケアのご紹介絵図

アクアダルモール77 ご紹介ページ

マスクダルモール ご紹介ページ

 

公式サイト内の化粧品関連記事集》

パラベン vs フェノキシエタノール

ローズマリー葉エキスの安全性

1,2-ヘキサンジオールの安全性

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ

エチルヘキサン酸セチルの安全性

低分子ヒアルロン酸で顔面水虫に!

海藻パックでかぶれる原因とは?

石膏パックで低温やけどの危険性

濃グリセリンとは?

 

Algai2013tm

《他の関連サイト等》

サブ公式サイト

美容ブログ アメーバーブログ

はてなブログ

FACEBOOK

TWITTER

 

|

« 肌が粉を吹く(粉吹き肌/肌粉吹き)はもはや乾燥性敏感肌! | トップページ | ベースメイク リキッドファンデーション直塗りの安全性/危険性 »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人気のリキッドファンデーション 化粧崩れしにくい塗り方?:

« 肌が粉を吹く(粉吹き肌/肌粉吹き)はもはや乾燥性敏感肌! | トップページ | ベースメイク リキッドファンデーション直塗りの安全性/危険性 »