« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月26日 (水)

グリチルリチン酸ジカリウム不使用で黒ずみが消えた例も!

A_masqued

海藻パック マスクダルモールのご紹介ページへ

 

化粧品成分以上に、お肌にとって重要なことは、「血行」「血流」です。血行が促進されれば、お肌はとても美しくなります。今までの弊社の経験では、血行を妨げないまたは促進させる作用のある化粧水を塗布したところ、すでにできていた黒ずんだデキモノが消失したこともあります。

そのデキモノとは、10年以上前に使用したステロイド剤でできてしまったもので、消えずにずっと残っていたものです。血行を妨げないということは、それほどの美肌効果があるわけです。

そういう意味で、血流を低下させる甘草由来のグリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)を配合した化粧水等コスメは、長期連用すべきではないでしょう。同化粧品成分は、すっぴん美肌を奪い去ります。漢方の世界では、甘草の長期連用は危険とされています。

公式サイト内の「GKⅡ平成のまとめ」記事全文

アメブロの類似記事

はてなブログダイジェスト版記事

 

 

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセット ご紹介ページへ

 

Adeffects01

 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

アルガアイ流 毛穴ケアのご紹介絵図

アクアダルモール77 ご紹介ページ

マスクダルモール ご紹介ページ

 

公式サイト内の化粧品関連記事集》

パラベン vs フェノキシエタノール

ローズマリー葉エキスの安全性

1,2-ヘキサンジオールの安全性

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ

エチルヘキサン酸セチルの安全性

低分子ヒアルロン酸で顔面水虫に!

海藻パックでかぶれる原因とは?

石膏パックで低温やけどの危険性

濃グリセリンとは?

 

Algai2013tm

《他の関連サイト等》

サブ公式サイト

美容ブログ アメーバーブログ

はてなブログ

FACEBOOK

TWITTER

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

グリチルリチン酸ジカリウム,配合薬用化粧水でニキビが悪化するメカニズム

A_masqued

海藻パック マスクダルモールのご紹介ページへ

 

ニキビのセルフケア(セルフメディケーション)として、グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム,)配合薬用化粧水でニキビケアをする方は多いよいうです。たしかに同化粧品成分には抗炎症作用があり、ニキビを大きくしない結果が得られるかもしれないでしょう。

そのニキビケアが成功すればもちろん問題のないことですが、好転しない場合はきわめて慎重な注意が必要です。それは、同化粧品成分がもつ抗炎症作用以上に免疫抑制作用が働きすぎ、アクネ菌や・ニキビ菌に対する抵抗力が低下する危険性があります。抗炎症作用は免疫抑制作用のひとつであることを、認識しておくべきでしょう。

公式サイト内の「GKⅡ平成のまとめ」記事全文

はてなブログダイジェスト版記事

アメブロダイジェスト版記事

Bloggerダイジェスト版記事

 

 

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセット ご紹介ページへ

 

Adeffects01

 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

アルガアイ流 毛穴ケアのご紹介絵図

アクアダルモール77 ご紹介ページ

マスクダルモール ご紹介ページ

 

公式サイト内の化粧品関連記事集》

パラベン vs フェノキシエタノール

ローズマリー葉エキスの安全性

1,2-ヘキサンジオールの安全性

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ

エチルヘキサン酸セチルの安全性

低分子ヒアルロン酸で顔面水虫に!

海藻パックでかぶれる原因とは?

石膏パックで低温やけどの危険性

濃グリセリンとは?

 

Algai2013tm

《他の関連サイト等》

サブ公式サイト

美容ブログ アメーバーブログ

はてなブログ

FACEBOOK

TWITTER

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

化粧品成分 旧指定成分のプロピレングリコールと異性体のプロパンジオール

A_masqued

海藻パック マスクダルモールのご紹介ページへ

 

最近自然派化粧品やオーガニック化粧品に、プロパンジオールという化粧品成分がよく配合されるようになりました。主たる配合目的は、防腐効果と保湿効果です。保湿剤であるグリセリンとの相性もよく、同化粧品成分との相乗効果も期待できるとのことです。

しかしこのプロパンジオールは、旧指定成分のプロピレングリコールの異性体であり、充分な安全性評価がなされないまま見切り発車的に使用が開始された、危険性を秘めた化粧品成分です。潜在的にはアレルギーの危険性があり、じっさいプロパンジオール化合物によるアレルギー性接触皮膚炎も確認されています。

日本ではこういった情報がないままに、既に多くの同成分配合コスメが販売されています。この事実を踏まえた上で注意しながら、プロパンジオール配合化粧品等スキンケア製品を、使用すべきでしょう。

公式サイト内のオリジナル記事

アメブロのダイジェスト版記事

はてなブログ縮小版記事

Blogger縮小版記事

 

 

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセット ご紹介ページへ

 

Adeffects01

 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

アルガアイ流 毛穴ケアのご紹介絵図

アクアダルモール77 ご紹介ページ

マスクダルモール ご紹介ページ

 

公式サイト内の化粧品関連記事集》

パラベン vs フェノキシエタノール

ローズマリー葉エキスの安全性

1,2-ヘキサンジオールの安全性

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ

エチルヘキサン酸セチルの安全性

低分子ヒアルロン酸で顔面水虫に!

海藻パックでかぶれる原因とは?

石膏パックで低温やけどの危険性

濃グリセリンとは?

 

Algai2013tm

《他の関連サイト等》

サブ公式サイト

美容ブログ アメーバーブログ

はてなブログ

FACEBOOK

TWITTER

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »