« 新型コロナの虚像はマスコミと東京都知事のデマよって作られた? | トップページ | 新型コロナウィルス対策にストレスケアが盛り込まれていない危険性 »

2020年4月 7日 (火)

新型コロナウイルス感染 「中国人皆殺し」といった殺人教唆の危険性

A_masqued

海藻パック マスクダルモールのご紹介ページへ] 

 

前回の記事よりの続き) 

今イチバン懸念されることは、このストレスが単なる言葉の暴力にとどまらず、直接行動に発展することです。単なるヘイトスピーチにとどまらず、「中国人を皆殺しにせよ。」といった殺人教唆にまで発展してしまっています。たとえ悪ふざけでネットで書き込んだとしても、ここまでくれば立派な殺人教唆です。逮捕が相当であるにもかかわらず行政はほぼ野放し状態です。。。。。

かつての関東大震災発生直後に行われた、日本人による大規模な在日朝鮮人虐殺事件をご存知であれば、これがどれだけ恐ろしいことであるかご理解頂けると思います。発端は「井戸に朝鮮人が毒を投げ込んだ」という根も葉もないデマでした。それを鵜呑みにした日本人が道行く人々に「10円」と言わせ、言葉の最初に濁音を発音できな韓国人・朝鮮人が「チュウエン」と答えると、強度なストレス下で狂暴となった日本人たちに取り囲まれて、棒材などでめった打ちにされ撲殺されました。とくに日本語をしゃべることができない多くの幼い子供たちが、犠牲になったと聞きおよびます。まことに惨ったらしい事件です。

東南アジアを含むアジア諸国の方で、「ひとり一人の日本人は親切で善良だと思うが、集団化した日本人は恐い。」と言われるかたが少なくありません。多くの日本人は、自らを狂暴な人間と思わないと思うでしょうが、他のアジア諸国の方からみれば、そうではないということです。朝鮮人を撲殺した日本人は、狂暴ではなくいたって普通の日本人であったとされています。自らの民族を必要以上に貶めるつもりはありませんが、人間または日本人のDNAには潜在的に残虐性が組込まれていていて、何らかの発端で理性を押さえつけてしまうと言えるかもしれません。だからその予兆には注意すべきで、決して見逃すべきではないでしょう。

実際に殺人が行われた場合のみに殺人教唆が適用されるというのが、現在の一般的な法律の適用のようです。しかし特段法の解釈を特段変えることもなく、「中国人を皆殺しにせよ。」とあおった事実があれば、殺人教唆容疑で逮捕できるはずです。東京都内ではこれまで何度も殺人教唆を伴うヘイトスピーチが繰り広げられてきたが、何件かがヘイトスピーチと認定されたのみ。罰則がないために、実質的には野放し状態です。

都知事にもし殺人教唆を許さない気持ちがあれば、指揮下である警視庁を動かして監視カメラ等を駆使すれば、殺人教唆を行った者を特定・逮捕するのは簡単なはずです。ストレスが蔓延する前に、悪しき芽を根こそぎ摘み取るべきでしょう。

これはまったくの想像ではありますが、日本におられる中国人の方々は新型コロナウィルスそのものよりも、ストレスに毒された日本人のほうが怖いのではないでしょうか。また在日韓国人・在日朝鮮人の方々は、いつ矛先が彼らに向けられて、関東大震災時の大虐殺が再現されないかと、心配でたまらないと察します。

日本人以外の他の民族の方々には少々冷たい言い方にはなってしまいますが、他の民族を思いやるべきだと言っているのではありません。義務教育で長々と道徳教育を受けてきても民族差別・人種差別を平気でやっているわけですから、注意してもすぐに改めるとは考えにくいでしょう。差別する人は戦時下では殺人マシンとして重宝されるということを、まずは知るべきだと思います。違う国籍の方々を思いやるのは、その後でもよいのではないでしょうか。

差別は戦時下で大いに利用され、まっさきに死んでいったのは、不幸にも差別心を叩き込まれた方々です。差別は他民族との連帯を分断し、意思疎通をできなくします。複雑な思考が苦手で、ステレオタイプでしか物事を判断できない、すなわち思考停止しがちな方がよく陥る傾向があるようです。冒頭の知人を「不謹慎」だと非難した女性も、それに相当するといえるかもしれません。

太平洋戦時下での「鬼畜米英」という言葉は、対戦相手は人間ではない邪悪な鬼であり、退治すべきだと教えこむ手段です。ほんとうにアメリカ人んには頭に角がはえていると、信じた日本人も少なくありません。そんな魔物から故郷の家族を救うためだと、当然のように対戦相手を殺し、そして死んでいかれました。

ストレスが極度に達した場合に大惨事が発生する下地が、新型コロナウィルスの感染拡大のスピード以上に整いつつあります。ただでさえ「誰でもいいから殺してやりたい」といった危険な輩が現在増殖中ともいわれています。時折発生する刃物で人を切り付ける通り魔事件や、歩行者に車で突っ込んでひき殺すといった無差別殺人です。このようなことが今まで以上に、小規模・大規模にかかわらず、何かのきっかけで現実化する危険性を否定できないでしょう。

第二次世界大戦の終盤では日本の本土上空の制空権は完全に米軍に掌握され、B29爆撃機がほぼ毎日飛来してきていました。ゼロ戦でも届かない高高度を飛行するB29に対し、竹槍(竹やり)で突き落とせと言われ、従わなければ「不謹慎!」と罵られたと聞き及びます。「不謹慎!」と咎める者には論理性などはなく、精神論的・感情的に正義をかざしているだけです。もしこの時点で次善の策として早期の終戦を決意していたのなら、広島や長崎の悲劇はなかったでしょう。感情的に「不謹慎!」と他人を咎める者は思考が停止しているという点では、「中国人を皆殺しにせよ!」と殺人を教唆する輩と同じです。言葉が「不謹慎!」から「中国人を皆殺しにせよ!」といった内容に、変異しないことを願うばかりです。

東京都知事は東京オリンピックを来年に延期としたようですが、新型コロナウィルスの脅威が終息したとしても、このままでは民族・人種差別や殺人教唆の脅威はそのままでしょう。そんな東京にオリンピックが開催されることに、懸念を抱かざるを得ません。(→ 次の記事

 

公式サイト内の「アルガ・アイ流 新型コロナ論 第1部」全文

 

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセット ご紹介ページへ

 

Adeffects01

 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

アルガアイ流 毛穴ケアのご紹介絵図

アクアダルモール77 ご紹介ページ

マスクダルモール ご紹介ページ

 

公式サイト内の化粧品関連記事集》

パラベン vs フェノキシエタノール

ローズマリー葉エキスの安全性

1,2-ヘキサンジオールの安全性

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ

エチルヘキサン酸セチルの安全性

低分子ヒアルロン酸で顔面水虫に!

海藻パックでかぶれる原因とは?

石膏パックで低温やけどの危険性

濃グリセリンとは?

 

Algai2013tm

《他の関連サイト等》

サブ公式サイト

美容ブログ アメーバーブログ

はてなブログ

Blogger

FACEBOOK

TWITTER

|

« 新型コロナの虚像はマスコミと東京都知事のデマよって作られた? | トップページ | 新型コロナウィルス対策にストレスケアが盛り込まれていない危険性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新型コロナの虚像はマスコミと東京都知事のデマよって作られた? | トップページ | 新型コロナウィルス対策にストレスケアが盛り込まれていない危険性 »