« 化粧品成分のグリチルリチン酸ジカリウムとは? グリチリルリチン酸2KもGKⅡも同じ甘草(カンゾウ)由来の化学物質 | トップページ | 化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウム(2K)のメリットとデメリット 抗炎症作用目的で敏感肌用化粧水等に配合で安全? »

2021年1月 8日 (金)

手作り化粧品/コスメの材料として販売されている甘草エキス/カンゾウ根エキスが安全という宣伝は誤り! 使い方次第で副作用の危険性

A_masqued

タラソパック マスクダルモールのご紹介ページへ

 

弊社公式サイト内の「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」の連続記事を追記・補完のうえ、再編成いたしました。下記は第1章の内容の一部です。 

手作りコスメの素材を販売しているネットショップでは、「甘草エキス(カンゾウ根エキス)は漢方で使用されてきたものだから安全!」などといった、文言が書かれています。はたしてそれは、事実なのでしょうか?

甘草は西洋でも古来より、ハーブとして利用されてきました。日本でも漢方薬として長らく使用されてきた歴史があります。漢方処方の6~7割に甘草が処方されているため、甘草は漢方薬には不可欠な存在です。

風邪薬としても有名な「葛根湯」にも、甘草が配合されています。配合される目的は、配合されている他の成分の効き過ぎを抑えたり、逆に配合されている他の成分薬効を高めたりと、その処方のまとめ役といった働きをします。またこの成分単体の「甘草湯」などは、咳止めや喉の痛みの緩和等にも、使用されてきました。

日本では漢方薬は、比較的穏やかな働きで副作用は緩やかと、捉える風潮があります。しかしこれは、事実ではありません。この誤った風潮は、何十年も前に医薬品メーカーさんがTVCMで、「漢方だから安心」といった誤ったメッセージを送ったことに端を発するようです。それに便乗したように、大手スーパーさんの薬品コーナーでは漢方薬が山積み陳列されるといった、ちょっとした漢方薬ブームがやってきました。

しかし大手スーパーさん等で実際販売していたのは、医薬品に精通していないアルバイト店員さんでさえあったというのが実情で、たいへん危うい状況でした。当然ながら健康被害は、かなり続出したようです。「身体に良さそうと思って買ってのんだら、尿が出なくなってしまった。」などといったお客さんの店員さんへの訴えを、医薬品売り場にいる時に耳にした経験があります。

そもそも漢方薬とは、しっかりとした対面販売が基本です。お客さんには椅子に座ってもらい、健康状態はもちろんのこと、顔色や体臭までも確かめた上で、お客さんの体質や症状に合わせた薬を販売するわけです。これは「証をみる」という薬剤師さんによる行為であり、そうして初めて高い安全性が確保された漢方薬を提供できるわけです。

ですから「証をみる」ことなしに漢方薬を販売すれば、お客さんに毒を服用させてしまうことにさえなり得るわけです。先ほどの葛根湯でさえ、「証」がはずれる、すなわち体質や風邪の段階に合わないと、逆に風邪を悪化させる等の副作用の危険性が出てきます。そういうわけで、甘草抽出物であるグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)も、注意が必要というわけです。ですから先ほどの「漢方だから安心」は誤りであり、「漢方は正しく使えば安心」とすべきなのです。

以上のことから手作り化粧品と言えども、甘草は正しく使用しなければ、副作用を起こす危険性があります。続きの記事へ)

アメブロ関連記事

Hatena関連記事

Blogger関連記事

● グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ 序章(目次を含む)

 

Trial_bunchu01

タラソテラピーお試しセット ご紹介ページへ

 

Adeffects01

 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b

アルガアイ流 毛穴ケアのご紹介絵図

アクアダルモール77 ご紹介ページ

マスクダルモール ご紹介ページ

 

公式サイト内の化粧品関連記事集》

パラベン vs フェノキシエタノール

ローズマリー葉エキスの安全性

1,2-ヘキサンジオールの安全性

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ

エチルヘキサン酸セチルの安全性

低分子ヒアルロン酸で顔面水虫に!

海藻パックでかぶれる原因とは?

石膏パックで低温やけどの危険性

濃グリセリンとは?

 

Algai2013tm

《他の関連サイト等》

サブ公式サイト

美容ブログ アメーバーブログ

はてなブログ

Blogger

FACEBOOK

TWITTER

|

« 化粧品成分のグリチルリチン酸ジカリウムとは? グリチリルリチン酸2KもGKⅡも同じ甘草(カンゾウ)由来の化学物質 | トップページ | 化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウム(2K)のメリットとデメリット 抗炎症作用目的で敏感肌用化粧水等に配合で安全? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 化粧品成分のグリチルリチン酸ジカリウムとは? グリチリルリチン酸2KもGKⅡも同じ甘草(カンゾウ)由来の化学物質 | トップページ | 化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウム(2K)のメリットとデメリット 抗炎症作用目的で敏感肌用化粧水等に配合で安全? »